ロックフェスは無理をしない?

ロックフェスティバルといえば、夏の恒例行事でしょう。伝統あるフジロックフェスティバルや、ロックインジャパンフェスティバルのほか、日本各地でオリジナルのロックフェスが開催されています。そこにおいては、毎年楽しみにしているフェスがあるという人もいるでしょう。

無理をしないこと

このロックフェスティバルは多くの人が参加する場所であるだけに、そこにおいては、何かと気をつけるべきポイントが多いと言えるでしょう。そこにおいてもっとも大きなものは、やはり無理をしないことに尽きると思います。

全部は見られない

ロックフェスティバルというのは多くのミュージシャンが登場します。お目当てのミュージシャンのほかにも、ここでしか見らないミュージシャンといったものもあるでしょう。特に海外のアーティストの場合は、単独の来日公演の場合はチケットが取れないといったこともありますし、料金も高めです。そうしたタイプのミュージシャンが多いために、あれもこれも見てみたいといった思いがあるかもしれませんが、すべては見られないと思った方が良いでしょう。

何を諦めるか?

むしろ、何を見たいかではなく何を諦めるかくらいの見方で行くのがいいかもしれません。そうしたおだやかな気持ちで挑むことによって、新しいフェスの楽しみ方へ自然と向き合っていけるようになるのではないでしょうか。