楽譜読めなくても作曲可能?

現在、メジャーシーンで活躍しているミュージシャンの中には正当な音楽教育を受けてきていない人たちが多くいます。その中には、楽譜の読み書きができないミュージシャンもいます。代表的なものとしては、小室哲哉、桑田佳祐、槇原敬之などが楽譜の読めないミュージシャンとして知られています。


コンピューターで可能

楽譜の読み書きは作曲活動では必須のスキルかと思えばそうでもありません。現在は、コンピューターなどが発達しています。楽器の音を入力すれば、自動的に音を検知して楽譜に起こしてくれるソフトも存在します。タッチミスや、タイミングの遅れなども自動的に調整してくれるすぐれものです。そのため、メロディが浮かんだならば、それを楽譜に起こすということは簡単にできるのです。逆に楽譜の読み書きができたとしても、メロディのアイデアが浮かばなければ作曲はできません。事務的な能力よりまず、ひらめきがありきなのです。

コードで作曲?

さらにフォークソング全盛期には、アコースティックギター一本で活躍しているミュージシャンも多くいました。その中にも、楽譜が読めないミュージシャンが多くいたようです。彼らが用いていた手段はコードでした。ギターのコードを組み合わせることで作曲を行っていたのです。

電子音楽の可能性

さらにコンピューターを用いた電子音楽が登場すると、楽譜の必要性はさらに後退します。石野卓球がテクノミュージックを「楽譜が読めなくてもできる音楽」と形容したのは見事です。テクノミュージックで、世界的な評価を受けているケン・イシイも、楽譜が読めず、ギターなどの生楽器の演奏ができないという話もあるほどです。

作曲を行うにあたって、楽譜の読み書きは必須のスキルではありません。現在はその分野はコンピューターがカバーしてくれます。実際に、桑田佳祐、小室哲哉、槇原敬之など現在活躍しているミュージシャンでも楽譜の読み書きができない人が多くいます。

「NMB48で人気の2トップ! 渡辺美優紀と山本彩」の詳細を調べる

    
コメント