夏フェス文化のはじまりはいつ?

夏の恒例行事といえば、夏フェスではないでしょうか。複数の人気ミュージシャンを一度に見られるお得なイベントとして意識している人も多いでしょう。さらには、食事やキャンプといった音楽以外の要素でも楽しみが多いという人もいるでしょうね。すっかり日本の夏に定着したイメージがある夏フェスですが、どのような歴史があるのでしょうか。

フジロックにはじまる

夏フェスの代表格といえばフジロックフェスティバルでしょう。毎年、新潟県の苗場スキー場で行われていますが、フジの名前がついている通り、第一回の1997年は富士山のふもとである天神平スキー場で行われました。しかしながら2日目が台風襲来により中止となりました。台風は過ぎ去って台風一過の晴天であったのですが、会場がぬかるんでおり、継続不可能と判断されたのことです。

邦楽フェスも

フジロックは洋楽が主体のフェスであるのに対し、邦楽主体のフェスとしてはじまったのが1999年にはじまったライジングサンロックフェスティバルです。通称エゾロックとよばれていますね。第一回のラインナップには音楽出版社であったロッキング・オンがブッキングに協力したため、豪華な出演者が話題となりました。ロッキング・オンは2000年に、自社でロックインジャパンフェスティバルを開催します。さらに同年には都市型のロックフェスティバルとしてサマーソニックがはじまりました。2000年以降にフジロック、サマーソニック、ロックインジャパンが日本の3大フェスといわれるようになり、以降定着していったと言えるでしょう。