ウォークマンはソニーだけ?

携帯型音楽プレイヤーは、どこにいても音楽が聴ける便利な代物です。現在はデータを入れたものを持ち運ぶ、あるいはストリーミングでスマートフォンなどで聴くという人が多いでしょう。


かつてはどんなメディア?

それでは、ウォークマンが普及する前はどんなメディアが使われていたのでしょうか。それはもっぱらCDやカセットテープでした。CDを直接聴くタイプのものもありましたが、CDからカセットテープにダビングした音楽を聴くことも多かったようです。カセットテープはA面とB面に分かれているので、CDの音声を録音するタイミングを見極めることも重要でした。さらには、ほぼ日本のみでしか普及しなかったMDディスクなるものもありました。これらは、ほぼCDと同じ音質で録音できるため、非常に重宝されていました。

ウォークマンはソニーのみ?

ところで、こうした携帯型の音楽プレイヤーのことを総称してウォークマンと呼ぶことがあります。しかしこれは厳密には正しいものではありません。ウォークマンはソニーの登録商標です。そのためソニー以外の携帯型音楽プレイヤーはウォークマンではありません。たとえばオーストラリアの最高裁判所では、ウォークマンが携帯型音楽プレイヤーの一般名称となっているため、ソニーは独占できないといった判断も下されています。ところ変われば、といった事情もありそうです。

    
コメント