日比谷野音の「外聴き」とは?

日比谷公園には日比谷野外音楽堂という場所があります。これは集会とともに、音楽のコンサートなどでも使われます。この会場はちょっと席数が少ないためか、人気のあるアーテイストなどはすぐに埋まってしまいます。


外でも聴ける

しかし、日比谷野外音楽堂は、名前の通り野外にあるものなので音がダダ漏れという状態になっています。そのため、音楽堂のそばにいると外でも音がある程度聴こえるということもあります。日比谷「公園」とあるだけで、外にはベンチがある場面もあります。もちろんトイレもあります。これは外聴きの環境としてはとてもいいものではないかもしれません。

騒音問題は?

これだけ音が漏れてしまうのだから騒音などの問題はないのでしょうか。しかし、日比谷野外音楽堂のそばにあるのは霞ヶ関の官僚街となっています。そのため、土日などは人がほとんどおらず閑散としています。もちろん休日出勤をしている人もいるのでしょうが、基本的には音を出せるということになっているのではないでしょうか。現在、日比谷野外音楽堂では、コンサートなどの音の出るイベントは土日のみに限定されているようです。

使用は抽選

さらに日比谷野外音楽堂の使用は事前申し込みの抽選制になっています。これはプロのバンドでも同じものとなっています。これは公共の施設であるだけあって、フェアなものとなっているのかもしれません。

「つんくが教える「教室内ニッチ」を見つけるコツ」の詳細を調べる

    
コメント