YMOの名前の由来

YMOは、坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏によって結成された音楽グループです。何度か解散と再結成が繰り返えされており、世界中にファンを持ちます。YMOの正式名称は、イエロー・マジック・オーケストラです。この名前にはどのような意味が込められているのでしょうか。


東洋人の音楽

イエロー・マジック・オーケストラの「イエロー」とは、東洋人である肌の色を現しています。さらに、白魔術でも、黒魔術でもない黄色い魔術を見せようという意味が込められていたという説があります。やはり、日本人が音楽をやる、さらに、コンピューターを用いたプログラミングによる演奏を用いている、これまでの音楽の概念とは異なるパフォーマンスは、新しい魔術であるといえるのかもしれません。その背景には、高い技術力を持っていた日本、日本人がやるという意味も込められていたでしょう。YMOのデビュー・アルバムである「イエローマジックオーケストラ」のアメリカ版のジャケットには、着物を来た女性が、サングラスをかけて、頭からコードが生えているというイメージが飾られています。これは欧米から見た奇妙な日本人像を、あらわしているといえるでしょう。

名前の組み合わせ

ですが、YMOの名前には諸説があり、矢野・松武・大村という三名のサポートメンバーの頭文字を取っただけという説もあります。

「やっかいなクレームをつけられたときの対応マル秘術「壊れたレコード作戦」とは?」の詳細を調べる

    
コメント