ドロドロの昼ドラならぬ、昼人生相談とは?

お昼に放送されるドラマでは、不倫や愛憎劇などドロドロの世界がテーマとされることが多くあります。もともと主婦層に向けて作られるドラマのため、こうしたベタベタな展開があるのでしょう。しかしドラマ以外にも昼にはディープがあります。それがラジオにおける人生相談番組です。


いろんな人がいる

平日午前中のラジオにおいてはニッポン放送で放送されている「テレフォン人生相談」が有名です。かつてはTBSラジオも人生相談を行っていましたが、現在は終了しています。しかし「テレフォン人生相談」は1965年から続く長寿番組になっています。この番組に電話をかけてくる相談者はさまざまです。基本的には女性の方が多い印象ですが、男性も少なからず電話をしてきます。その内容は、不倫、嫁姑問題、離婚、財産など法律相談におよぶものもあります。そのため、回答者には弁護士など専門的な知識を持つ人も参加しています。

人生の諭し

しかし、この番組の魅力は専門的な知識による解決ではありません。やはり、諭しや、あるいは癒やしのようなものを回答者が相談者に与えるという世界があります。特にもっとも長寿回答者となっている社会学者の加藤諦三は、とてもおだやかな人物像がかいま見えます。毎回相談が終わると、格言というべき言葉も残しています。さらに冷静沈着な言葉を差し向ける今井通子の仕切りも味わい深いです。

「読めば心が軽くなる。乙武洋匡の「オトことば」」の詳細を調べる

    
コメント