ネットニュースに補足されないラジオ番組

日々、多くのネットニュースが配信されています。ネットニュースは速報性において他のメディアを凌駕します。

特にラジオ放送のネットニュース化の速度はとても素早いものとなっています。


深夜ラジオが翌朝に

毎週木曜深夜に「ナインティナインのオールナイトニッポン」の生放送が行われています。時事ニュースに岡村隆史がコメントを差し挟むことが多いため、翌朝にはネットニュースとして配信されています(終了が残念です…)。

さらに毎週土曜に放送されている「ゴッドアフターヌーンアッコのいい加減に1000回」では和田アキ子が御意見番として、芸能ニュースにコメントを出すことで知られています。

このようにネットニュースの情報源でラジオが重要視されています。

しかしメディアの規模が小さい分、暴露話がこっそりとなされていたラジオメディアの魅力が削がれてしまうような気もしなくありません。ネットに補足されないようなラジオ番組であって欲しいなという思いもあります。

伝説の「ラジオ巌流島」

20年ほど前に、ニッポン放送系列で流れていた「ラジオ巌流島」という番組がありました。これはデーモン小暮と大槻ケンヂというミュージシャン2人の名前が冠されていながら、双方のスケジュールが合わずどちらか一方がしゃべるだけの回が多くありました。さらに、まとめて録音をするため5週分を録音することもあったようです。

こうした番組からは、当然ネットニュースになる素材は見つからないでしょうが、ゆるさもラジオの魅力であったはずです。

「ラジオ情報」の詳細を調べる

    
コメント