ラジオ遠距離受信に最適の場所は?

現在ラジオ放送はインターネット上で展開しているサービス、radikoプレミアムを利用すれば全国の放送を聴くことができます。しかし、かつてはラジオを聴くためには努力が必要でした。


遠距離受信の苦労

例えば東京に住んでいるけれども関西のラジオを聴きたいという場合には、まずは同好の人間を探してテープ交換をするのが通例でした。これは、東京のラジオを録音して関西の同好者に送る代わりに、関西のラジオを録音して送ってもらうというものです。

さらに直接受信を試みる場合はループアンテナを自作する人もいました。ラジオの電波は原始的なものなので針金でも受信できます。そこで、針金を箱の中にループ状に巻くことでより電波をとらえやすくするものです。

静岡が最適

さらに究極の手段として遠距離受信がしやすい土地に引っ越すという手もあります。ラジオの遠距離受信に最適とされる場所は静岡といわれていました。ラジオの電波受信を妨害する高い山などが静岡の平地部にはありません。北部には南アルプスがそびえていますが、南部には平地が広がっています。さらに名古屋や大阪、東京など各大都市との距離が調度良いので、遠距離受信がしやすいという条件がそろっていました。

これはテレビの電波においてもいえることで、静岡は場所によっては東京の放送局、名古屋の放送局、さらに地元静岡の放送局を受信できるのでチャンネルの選択肢が広がります。

「ニッチなラジオ情報」の詳細を調べる

    
コメント