伝説のタモリのオールナイトニッポンとは?

昨年32年間にわたるお昼の名物番組「笑っていいとも」が終了しました。現在ではすっかりとおなじみとなったタモリさんのサングラス姿でありますが、番組が始まった当初は視聴者からの反発を招くこともあったようです。よく知られているようにタモリさんがサングラスをかけているのは幼少期に事故によって片目を失明しているためです。サングラスの前は眼帯を付けた姿でテレビに出ていました。しかし、そうした事情を知らない視聴者からは「サングラスをかけるとは失礼千万」といった非難が出ていたようです。さらにタモリさんは、マニアックな密室芸、モノマネ芸で知られる通り、お昼の番組よりも、深夜番組の方が似合うようなキャラクターでした。そんなタモリさんの深夜キャラがいかんなく生かされていたのがオールナイトニッポンです。


つぎはぎテープ

タモリのオールナイトニッポンの名物コーナーのひとつにNHKのアナウンサーがニュースを読み上げる音声をランダムにつないで適当なニュースをつくり上げるというものがありました。Wデッキのカセットテープを使えば素人でも編集可能なため、さまざまな迷作が生まれたようです。しかしNHKからの抗議によってコーナーは中止となってしまいました。

マジ喧嘩

さらに、ミュージシャンの近田春夫氏をまねいて、番組中にマジ喧嘩を仕掛けることもあったようです。さらに突発的な喧嘩ではなく、話していくうちに口論になり険悪になるという「それっぽさ」が存分に出された喧嘩であったようです。

「ドリアン助川は人生相談の人?」の詳細を調べる

    
コメント