芸能

お笑い芸人、アイドル、タレントなど、エンタメ好きの人におすすめの芸能情報を紹介します。

  • 山田花子って誰だ?

    山田花子という漫画家がいました。同姓同名のお笑い芸人の方がいますが彼女ではありません。山田花子は1992年の5月24日に自宅マンションから飛び降りて帰らぬ人となりました。享年24歳でした。

  • あの芸能人の仕事術は?

    ビートたけし、明石家さんま、所ジョージ、日本を代表するお笑いタレントであり、長寿番組を続ける彼らの姿を、プロデューサーという立場から観察しつづけた著者による本が 吉川圭三による「たけし、さんま、所の「すごい」仕事現場」 (小学館新書)です。本書は、タレントの素顔の姿がかいまみえる本であることはもちろん、仕事を続けるとはどういうことかといった哲学に触れられるビジネス書として読むことも可能でしょう。

  • 永尾まりやの秘蔵オフショットを独占入手!

    いつも話題にこと欠かない元AKBの永尾まりやさん。 AKBを卒業後は、小悪魔的な魅力にいっそう磨きがかかっています。 TBS系バラエティ番組『ラストキス~最後にキスするデート』では、 まさかの濃厚キスシーンがネットで大きな話題になりました。 以来、女子人気も復活、ますます目が離せませんね。 そんな永尾まりやさんが、今話題の「デジバナ プレミアム」に登場するってご存知ですか!?

  • タレント本ではない松本人志

    いまや多くのタレント本が出版されています。そのほとんどは、行間が広く開いた本であり、女性タレントの場合は、文字よりも写真が多いようなものが多くあります。そうしたヌルいタレント本に飽きた人におすすめなのが、ダウンタウンの松本人志が記した「遺書」「松本」です。現在は、2冊が同時に収録された「『松本』の『遺書』」として朝日文庫に収録されています。

  • 笑いを目指す巨大な愛情

    お笑い芸人や、お笑いの世界を目指す人は数多くあります。笑いを目指す人たちの動機はさまざまです。そんなお笑いに対する究極の愛情を記した本がツチヤタカユキによる「笑いのカイブツ」(文藝春秋)です。

  • 女子大生芸人アンラッキー後藤覚えてる?

    アンラッキー後藤という芸人がいました。90年代後半に活躍した女性のピン芸人です。彼女を覚えている人はそれなりにいるかもしれません。

  • ジャニーズはアメリカ文化?

    2016年度の芸能界において最大のニュースといえばSMAP解散でしょう。当初は解散騒動として登場し、『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)における生放送謝罪も話題となりました。その後解散が発表され、ファンの撤回署名が集まるなど話題となりましたが、12月31日付で解散しました。これを受け、多くのSMAP関連本が発売されました。その中で、ジャニーズとSMAPの歴史をていねいに追った本が矢野利裕による 『ジャニーズと日本』(講談社現代新書)です。

  • 共演NGの条件は?

    格闘家の角田信朗さんが、ブログにおいて、ダウンタウン松本さんとすれちがいがあり、共演NG状態になっていると公表し話題となりました。話を総合すると、角田さんにオファーがいっており受諾してもらっていたが、収録2日前にドタキャンとなり、番組制作側に迷惑がかかったということで、ダウンタウンのNGではなく、テレビ番組、テレビ局、制作会社におけるNGのようです。芸能界においてはやってはいけないことがあります。それを行うと共演NGといったことにもなりかねません。どういった条件があるのでしょうか。

  • 「ツッコミ高ボケ低」社会とは?

    現在、インターネットでは、日々炎上が繰り返されています。自らの私生活を垂れ流すSNSの発達により、身内同士ひそひそ話として繰り広げられていたトピックが、またたく間に拡散してしまい、果ては糾弾され、突っ込まれてしまう社会が出現しています。それはどこか息苦しさを感じさせるものではあるでしょう。

  • テレビの大学受験企画なぜ面白い?

    毎年このシーズンになると芸能着との大学受験企画が取りざたされます。90年代には、ウッチャンナンチャンの内村光良さんが日大芸術学部を受験したり、ナインティナインの岡村隆史さんが筑波大学と早稲田大学の受験へ挑みました。ほかにも最近の企画を見ても、早稲田大学卒の小島よしおさんが“早慶制覇”を狙い慶應義塾大学の受験に挑んだり、山田雅人さんが東大を目指して勉強を続けているのはよく知られています。こうした大学受験企画は注目を浴びますし、ある程度の面白さがあります。それはなぜでしょうか?

  • ハワイと勝新伝説

    1990年のお正月はある事件がワイドショーを騒がせました。俳優、勝新太郎がハワイへ入国しようとした際に、パンツの中にコカインと大麻を隠し持っていたとして逮捕されたのです。

  • 大物独身芸人は誰?

    おぎやはぎの矢作兼さんが、12月29日に年下の一般人女性との結婚を報告しました。『おぎやはぎのラジオメガネびいき』(TBSラジオ系)の中において生報告を行ったのです。これを受け、裏番組で同じく生放送を行っている『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)内において岡村隆史さんが、悔しさをにじませていました。岡村さんにとっては矢作さんは独身芸人仲間と思っていたのでしょう。

  • 伝統芸能の域に達している?吉本新喜劇

    吉本新喜劇に出演し、「パチパチパンチ」や「ポコポコヘッド」などの持ちギャグで知られた島木譲二さんが、2016年12月に亡くなりました。吉本新喜劇といえば、関西圏では知らない人がいないほどの存在です。なぜならば、毎週土曜のお昼に放送される名物番組だったからです。劇場に足を運ばなくとも、誰もがテレビで目にしたことがある存在が吉本新喜劇なのです。

  • テレビバラエティの黄金時代とは?

    1990年はテレビバラエティの黄金時代だといえるでしょう。ダウンタウン、ウッチャンナンチャンといったお笑い第三世代の番組がはじまり、さらにナインティナインや爆笑問題、くりぃむしちゅー、ネプチューンといった次の世代が現れました。そんな時代の熱狂を記した本が『1989年のテレビっ子』(双葉社)です。著者の戸部田誠は、もともとてれびのスキマ名義で、バラエティ番組のウォッチャーとしてブログを開設しており、ネットでは名の知れた人でした。

  • SMAP解説本のオススメは?

    2016年の後半は、SMAP解散をめぐって右往左往した年だといえるでしょう。SMAP解散をめぐっては多くの関連本が出されましたが、その中でも注目作なのが「SMAPは終わらない:国民的グループが乗り越える矢野利裕「社会のしがらみ」(垣内出版)でしょう。本書の刊行月は2016年8月です。SMAP解散が正式に発表される前、解散騒動に揺れていた時に発表されたものです。

  • 千原ジュニアと年上の後輩

    お笑い芸人の世界は、年齢に関係なく芸歴でカウントされます。年齢に関係なく、1日でも先に入っていた人を先輩として扱うべきとされています。ただ、そこまで厳密なものはなく通常は1年ないし半年単位で、芸人の上下関係は規定されます。

  • ウンナン、ダウンタウンなぜ仲が良い?

    ウッチャンナンチャンとダウンタウンは、とても仲がいいコンビ同士として知られています。それはなぜでしょうか?

  • NSCどれくらい生き残る?

    吉本興業は知らない人がいないほど有名なお笑い事務所です。吉本興業は芸人養成所であるNSCを持っています。大阪校の一期生としてダウンタウンを排出したことは有名ですね。この学校は、1995年からは東京校が開設され、毎年多くの入学生が集まります。

  • M1グランプリ誰でもエントリ可能?

    12月は、漫才日本一を決める「M1グランプリ」の季節です。この大会で優勝すれば、お正月の特番に引っ張りだことなり、将来の活躍が約束されます。2016年M-1グランプリ王者は銀シャリ、2位は和牛、3位はスーパーマラドーナでした。

  • ナンシー関の批評スタイル

    現在、ネットには芸能人やテレビに関するネットニュースがあふれています。おもにブログでの芸能人の発言や、テレビ番組で起こったハプニングなどがすぐに文字化されてネットニュースとして配信されています。この状況を、テレビ批評、芸能人批評で知られたナンシー関に例える意見もあります。ですが、現在のネットニュースとナンシー関的な批評の間には明らかに、異なるものがあるといえるでしょう。

1 / 11 1 2 3 4 5 最後 »