芸能

お笑い芸人、アイドル、タレントなど、エンタメ好きの人におすすめの芸能情報を紹介します。

  • 若手芸人の定義は?

    若手芸人と呼ばれる人たちがいます。テレビ番組などでもよ使われているフレーズですが、若手芸人にはどのような定義があるのでしょうか。

  • ホリエモンの英語術

    英語術の本はさまざまにありますが、著名人の英語術の本には惹かれるものがありますね。それが本人にのみ有効なメソッドであるのか、はたまた誰もが出来うるものなのか。そこがポイントと言えるでしょう。

  • 天才ではない人が生きる道は?

    天才という言葉は諸刃の剣です。天才だから何かを成し遂げなければいけないといったプレッシャーがあるのはもちろんのこと、天才なのにだめになったと辛い評価を向けられがちです。

  • 奥深き一発屋の世界

    一発屋芸人とは、文字通りギャグやキャラクターなどで一世を風靡するものの、瞬く間にテレビから消えてしまった芸人たちを言います。自らも一発屋芸人を名乗る髭男爵の山田ルイ53世が、そんな悲しい一発屋芸人の肖像に迫った本が『一発屋芸人列伝』(新潮社)です。

  • 佐藤優、15歳の旅

    佐藤優は元外務省主任分析官で現在は作家として活躍する人物です。多くのジャンルの本を手がけていますが、中学、高校、大学、大学院から新人外交官時代にかけての自身の青春記も多く記しています。そんな数ある佐藤優の青春録の最高傑作といえるものが『十五の夏』(幻冬舎)です。

  • 開高健のエッセイを味わう

    開高健は小説家として知られますが、同時に多くのエッセイを記しました。その内容は趣味のグルメや釣りといったものから、戦後の動乱期を過ごした大阪の風景、戦地に赴いたベトナム戦争など、多岐にわたります。

  • お笑い芸人、2人がメインなぜ?

    テレビに出ているお笑い芸人は2人組のコンビが主流となっています。ピン芸人や3人組であるトリオはいますが、それ以上の人数となると、数えるほどしかいません。これはなぜでしょうか。

  • コラムニストとしてのマキタスポーツ

    オフィス北野のビートたけし独立騒動で、渦中の人となった一人にマキタスポーツがいます。彼は事務所退所を発表し、FA宣言を行いました。いかにも本人が歌いそうな楽曲を披露する作詞作曲モノマネでブレイクした彼ですが、お笑い芸人としての活動に留まらず、ミュージシャンや俳優として活躍しています。そんな彼のもうひとつの顔が文章家です。

  • オフィス北野騒動「退所」表記は社員じゃない?

    ビートたけしの独立騒動を受けてオフィス北野の激震はまだ続いています。マネージャーを含む全社員が一旦退社し、一部メンバーが再雇用され事務所再建を目指しています。しかしながら、事務所の規模縮小は否めず、所属タレントの退所も相次いでいます。そこで気になるのは、マネージャーは「退社」、タレントは「退所」と表記されている点ではないでしょうか。

  • 芸人は芸を知っている?

    お笑い芸人に関する評価は世の中に溢れています。ネットで少し眺めてみるだけでも、誰もが「面白い」「つまらない」といった感想を簡単に書き込んでいます。さらに少し込み入った評論としては、その芸のジャンルや、芸人の来歴などに注目した書き込みもされています。しかし、そのどれもが本質をとらえたものとは言い難いでしょう。

  • バイトも芸になる?

    お笑い芸人はなんでも笑いのネタにできるといわれています。それは社会的には負け組といわれるような内容であってもです。例えば背が低い、格好が悪いこともネタになりますし、収入が低い、貧乏育ちといった境遇をネタにしている人も多いでしょう。

  • たけし軍団の定義は?

    ビートたけしが、2018年3月いっぱいで所属事務所のオフィス北野を退社して話題となりました。しかし、弟子にあたるたけし軍団は、そのまま事務所に残留という形になりました。

  • 自意識が邪魔をする?

    オードリーの若林正恭の『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』 (角川文庫)は、今流行りの芸人エッセイのようでありながら、深い洞察力が生きた一冊だといえるでしょう。

  • タモリの四カ国語麻雀の国は?

    タモリさんといえば、現在は司会者として活躍しています。しかし、かつては密室芸のやり手として知られていました。その代表的なものが四カ国麻雀です。4つの言語を使って麻雀を行うもの。果たしてどこの国の人たちが参加しているのでしょうか。

  • 篠原ともえと「ココロノウサギ」

    篠原ともえといえば、現在はファッション関係の仕事もこなすなどマルチな活躍を見せるタレントとして知られています。しかし、デビュー当時は現在のような落ち着いた雰囲気とは真逆の、危うさを持っている人でもありました。

  • 「M1グランプリ」なぜできた?

    毎年12月の恒例番組となっているものが『M1グランプリ』(テレビ朝日系)です。漫才の日本一のコンビを決定するレースであり、素人参加者もエントリー可能です。かつてはコンビ結成10年目までとされていました(現在は15年に拡大)。この番組はなぜできたのでしょうか。

  • 太田光の生き方に学ぶ

    爆笑問題の太田光といえば、あたりかまわず暴れまわるお騒がせキャラとして知られています。その一方で、もともと映画監督志望なだけあり、いつか映画を撮るかとも期待される作家の一人です。エッセイや小説執筆もこなす文化人としての顔もあるでしょう。そんな太田光の来歴を知るにあたって最適な本が『太田光自伝』(小学館文庫)です。

  • 木村拓哉その人をとらえる本

    2016年12月31日を持って解散したSMAPの中心的メンバーであったのがキムタクこと木村拓哉です。本人はこの略称を気に入っていないといった話もありますが、ほとんどの人にとってキムタクの名称は自明でしょう。

  • カズオ・イシグロなぜ日本語話せない?

    2017年度のノーベル文学賞は、イギリス人のカズオ・イシグロ氏が受賞しました。カズオ・イシグロ氏は名前からわかる通り、両親は日本人です。海洋学者であった父親がイギリスに招聘されたことを受けて、5歳の時に一家でイギリスに移住して以来イギリスで暮らしています。そのため国籍はイギリスです。

  • 鶴瓶的な生き方に学ぶ

    ここ30年ほど、テレビに出ている顔ぶれは変わらないと言われています。もちろん新人は現れているのですが一定のペースで消えて、これまで出続けていた人がまたテレビに映っています。その中でも、一貫して露出を続けているのが笑福亭鶴瓶でしょう。

1 / 13 1 2 3 4 5 最後 »