お笑い芸人

お笑い本を中心に、お笑い芸人の面白さの秘密、苦労エピソード、漫才の作り方など、お笑いに関する情報を紹介します。

  • 大物独身芸人は誰?

    おぎやはぎの矢作兼さんが、12月29日に年下の一般人女性との結婚を報告しました。『おぎやはぎのラジオメガネびいき』(TBSラジオ系)の中において生報告を行ったのです。これを受け、裏番組で同じく生放送を行っている『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)内において岡村隆史さんが、悔しさをにじませていました。岡村さんにとっては矢作さんは独身芸人仲間と思っていたのでしょう。

  • 伝統芸能の域に達している?吉本新喜劇

    吉本新喜劇に出演し、「パチパチパンチ」や「ポコポコヘッド」などの持ちギャグで知られた島木譲二さんが、2016年12月に亡くなりました。吉本新喜劇といえば、関西圏では知らない人がいないほどの存在です。なぜならば、毎週土曜のお昼に放送される名物番組だったからです。劇場に足を運ばなくとも、誰もがテレビで目にしたことがある存在が吉本新喜劇なのです。

  • テレビバラエティの黄金時代とは?

    1990年はテレビバラエティの黄金時代だといえるでしょう。ダウンタウン、ウッチャンナンチャンといったお笑い第三世代の番組がはじまり、さらにナインティナインや爆笑問題、くりぃむしちゅー、ネプチューンといった次の世代が現れました。そんな時代の熱狂を記した本が『1989年のテレビっ子』(双葉社)です。著者の戸部田誠は、もともとてれびのスキマ名義で、バラエティ番組のウォッチャーとしてブログを開設しており、ネットでは名の知れた人でした。

  • 千原ジュニアと年上の後輩

    お笑い芸人の世界は、年齢に関係なく芸歴でカウントされます。年齢に関係なく、1日でも先に入っていた人を先輩として扱うべきとされています。ただ、そこまで厳密なものはなく通常は1年ないし半年単位で、芸人の上下関係は規定されます。

  • ウンナン、ダウンタウンなぜ仲が良い?

    ウッチャンナンチャンとダウンタウンは、とても仲がいいコンビ同士として知られています。それはなぜでしょうか?

  • NSCどれくらい生き残る?

    吉本興業は知らない人がいないほど有名なお笑い事務所です。吉本興業は芸人養成所であるNSCを持っています。大阪校の一期生としてダウンタウンを排出したことは有名ですね。この学校は、1995年からは東京校が開設され、毎年多くの入学生が集まります。

  • M1グランプリ誰でもエントリ可能?

    12月は、漫才日本一を決める「M1グランプリ」の季節です。この大会で優勝すれば、お正月の特番に引っ張りだことなり、将来の活躍が約束されます。2016年M-1グランプリ王者は銀シャリ、2位は和牛、3位はスーパーマラドーナでした。

  • ナイツ漫才はテクノ?

    ナイツの漫才は、細かいボケが延々と繰り出されていくものです。ボケの塙が繰り出す、間違いフレーズを、ツッコミの土屋が的確に修正してゆきます。その同じリズムが延々と続いていくスタイルはほかの例を見ないものです。 これはテクノ漫才? ナイツのネタ作り

  • 浅草キッドとKGB

    KGBといえば旧ソ連の国家保安委員会として知られています。秘密警察組織として国内外の動向に目を光らせていたことでも知られています。時に世界各国にスパイを送り込んでいたことでも知られています。もっとも知られているエピソードとしては、ロシアのプーチン大統領がKGB

  • コーラスラインとは?

    かつては大小さまざまなお笑いライブが行われていました。その中で、とりわけ厳しいといわれたものが、渋谷のラママで行われていた「コーラスライン」でしょう。 観客が審査する 「コーラスライン」はお笑い芸人の渡辺正行が主催するお笑いライブ「ラママ新人コ

  • ナイナイボケツッコミ逆?

    ナインティナインは、日本を代表するお笑いコンビであるといえるでしょう。彼らは「めちゃイケ」に象徴されるようにドキュメントバラエティの人という印象が強いかもしれません。ですがもともとは、正統派の漫才を行うコンビでした。 身長ネタ 代表的なナインテ

  • 明石家さんまの新幹線伝説

    明石家さんまさんは売れっ子タレントとして、東京と大阪の間を新幹線で往復する日々を送っています。彼の新幹線乗車には、新幹線にはさまざまな伝説があるようです。 ずっとしゃべっている? それはお笑い芸人の中川家が取り上げる「ずっとしゃべっている」「小

  • 吉本興業の関東進出いつ?

    吉本興業は日本を代表するお笑い事務所のひとつでしょう。上方(大阪)の芸能事務所でしたが、現在では関東も関西も吉本興業が力を保持しているといえます。ですが、こうした状況は昔は異なるものでした。吉本興業が関東に本格的に進出するようになったのは、1990年代に入って

  • ビートたけしの褒め言葉とは?

    「くだらない」「しょうがない」これらの言葉にはどういうイメージがあるでしょうか。どこかネガティブなイメージ、否定的なイメージがあるかもしれません。ですが、時と場合によってはこの言葉が褒め言葉になることもあります。 たけしさんの褒め言葉 「くだら

  • ナイナイの大学受験伝説

    ナインティナインは、大阪府立茨木西高校サッカー部の先輩後輩の間柄です。矢部さんが岡村さんの一学年下になります。さらに矢部さんには、現在は芸能事務所を経営する兄がいますが、彼もサッカー部員でした。そのため、矢部さんは「矢部ジュニ」と呼ばれていたそうです。

  • ラサール石井芸名の秘密

    お笑い芸人のラサール石井さんは、鹿児島のラ・サール高校出身であることからこの名前がつけられました。ですが、当初は高校には無断でこの名前をつけていたようです。それでも、学校の宣伝になるならばという理由で使わせてもらっているという話があります。さらに、学校名はラ・

  • かつての『ガキの使い』構成は?

    『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』は、毎週日曜夜の名物番組です。放送開始25年を超える長寿番組でもあるといえるでしょう。現在の『ガキの使い』は、30分の放送時間をワンテーマで使うことが多くありますが、かつては異なる構成を取っていました。

  • 欽ちゃんと素人

    お笑い芸人のレジェンドといえる萩本欽一さんは、さまざまなものを作り出しました。その一つが素人いじりでしょう。 舞台からテレビへ もちろん素人いじりという芸は、欽ちゃん以前にも存在しました。舞台などで、芸人が客をいじることはよく行われていました。

  • 松村邦洋ものまねの極意

    松村邦洋さんは、ものまねの名手といえるでしょう。多くのレパートリーがあることで知られています。 ビートたけし 松村さんのものまねの代表格といえばビートたけしでしょう。さらに、若い頃のたけし、特に人気深夜ラジオ番組であった「オールナイトニッポン」

  • フォークダンスDE成子坂とは?

    90年代にはさまざまなお笑いコンビが活躍しました。中でもフジテレビ系で放送された「ボキャブラ天国」シリーズは、社会現象を巻き起こしました。20代の若手お笑い芸人がアイドル的な人気を博したことも話題となりました。 プレボキャブラコンビ そんな中で

1 / 7 1 2 3 4 5 最後 »