お笑い芸人

お笑い本を中心に、お笑い芸人の面白さの秘密、苦労エピソード、漫才の作り方など、お笑いに関する情報を紹介します。

  • お笑い芸人、2人がメインなぜ?

    テレビに出ているお笑い芸人は2人組のコンビが主流となっています。ピン芸人や3人組であるトリオはいますが、それ以上の人数となると、数えるほどしかいません。これはなぜでしょうか。

  • コラムニストとしてのマキタスポーツ

    オフィス北野のビートたけし独立騒動で、渦中の人となった一人にマキタスポーツがいます。彼は事務所退所を発表し、FA宣言を行いました。いかにも本人が歌いそうな楽曲を披露する作詞作曲モノマネでブレイクした彼ですが、お笑い芸人としての活動に留まらず、ミュージシャンや俳優として活躍しています。そんな彼のもうひとつの顔が文章家です。

  • オフィス北野騒動「退所」表記は社員じゃない?

    ビートたけしの独立騒動を受けてオフィス北野の激震はまだ続いています。マネージャーを含む全社員が一旦退社し、一部メンバーが再雇用され事務所再建を目指しています。しかしながら、事務所の規模縮小は否めず、所属タレントの退所も相次いでいます。そこで気になるのは、マネージャーは「退社」、タレントは「退所」と表記されている点ではないでしょうか。

  • 芸人は芸を知っている?

    お笑い芸人に関する評価は世の中に溢れています。ネットで少し眺めてみるだけでも、誰もが「面白い」「つまらない」といった感想を簡単に書き込んでいます。さらに少し込み入った評論としては、その芸のジャンルや、芸人の来歴などに注目した書き込みもされています。しかし、そのどれもが本質をとらえたものとは言い難いでしょう。

  • バイトも芸になる?

    お笑い芸人はなんでも笑いのネタにできるといわれています。それは社会的には負け組といわれるような内容であってもです。例えば背が低い、格好が悪いこともネタになりますし、収入が低い、貧乏育ちといった境遇をネタにしている人も多いでしょう。

  • たけし軍団の定義は?

    ビートたけしが、2018年3月いっぱいで所属事務所のオフィス北野を退社して話題となりました。しかし、弟子にあたるたけし軍団は、そのまま事務所に残留という形になりました。

  • 自意識が邪魔をする?

    オードリーの若林正恭の『完全版 社会人大学人見知り学部 卒業見込』 (角川文庫)は、今流行りの芸人エッセイのようでありながら、深い洞察力が生きた一冊だといえるでしょう。

  • タモリの四カ国語麻雀の国は?

    タモリさんといえば、現在は司会者として活躍しています。しかし、かつては密室芸のやり手として知られていました。その代表的なものが四カ国麻雀です。4つの言語を使って麻雀を行うもの。果たしてどこの国の人たちが参加しているのでしょうか。

  • 「M1グランプリ」なぜできた?

    毎年12月の恒例番組となっているものが『M1グランプリ』(テレビ朝日系)です。漫才の日本一のコンビを決定するレースであり、素人参加者もエントリー可能です。かつてはコンビ結成10年目までとされていました(現在は15年に拡大)。この番組はなぜできたのでしょうか。

  • 太田光の生き方に学ぶ

    爆笑問題の太田光といえば、あたりかまわず暴れまわるお騒がせキャラとして知られています。その一方で、もともと映画監督志望なだけあり、いつか映画を撮るかとも期待される作家の一人です。エッセイや小説執筆もこなす文化人としての顔もあるでしょう。そんな太田光の来歴を知るにあたって最適な本が『太田光自伝』(小学館文庫)です。

  • 鶴瓶的な生き方に学ぶ

    ここ30年ほど、テレビに出ている顔ぶれは変わらないと言われています。もちろん新人は現れているのですが一定のペースで消えて、これまで出続けていた人がまたテレビに映っています。その中でも、一貫して露出を続けているのが笑福亭鶴瓶でしょう。

  • ネット時代の新感覚イベント、モテワンコンテスト2017とは?

    12月2日土曜日に、幕張メッセコンベンションホールで「モテワンコンテスト」が開催されます。 「ネットの自由な意見」「リアルな体験からくる意見」「プロのこだわりからくる意見」の3つの基準で価値を決める日本最大規模のコンテストです。 モテワンコンテスト実行委員会主催の元、社員のほとんどが生主というユニークな会社、株式会社テクサが制作・ネットプロモーションを務めます。

  • タレント本ではない松本人志

    いまや多くのタレント本が出版されています。そのほとんどは、行間が広く開いた本であり、女性タレントの場合は、文字よりも写真が多いようなものが多くあります。そうしたヌルいタレント本に飽きた人におすすめなのが、ダウンタウンの松本人志が記した「遺書」「松本」です。現在は、2冊が同時に収録された「『松本』の『遺書』」として朝日文庫に収録されています。

  • 笑いを目指す巨大な愛情

    お笑い芸人や、お笑いの世界を目指す人は数多くあります。笑いを目指す人たちの動機はさまざまです。そんなお笑いに対する究極の愛情を記した本がツチヤタカユキによる「笑いのカイブツ」(文藝春秋)です。

  • 「ツッコミ高ボケ低」社会とは?

    現在、インターネットでは、日々炎上が繰り返されています。自らの私生活を垂れ流すSNSの発達により、身内同士ひそひそ話として繰り広げられていたトピックが、またたく間に拡散してしまい、果ては糾弾され、突っ込まれてしまう社会が出現しています。それはどこか息苦しさを感じさせるものではあるでしょう。

  • 大物独身芸人は誰?

    おぎやはぎの矢作兼さんが、12月29日に年下の一般人女性との結婚を報告しました。『おぎやはぎのラジオメガネびいき』(TBSラジオ系)の中において生報告を行ったのです。これを受け、裏番組で同じく生放送を行っている『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送系)内において岡村隆史さんが、悔しさをにじませていました。岡村さんにとっては矢作さんは独身芸人仲間と思っていたのでしょう。

  • 伝統芸能の域に達している?吉本新喜劇

    吉本新喜劇に出演し、「パチパチパンチ」や「ポコポコヘッド」などの持ちギャグで知られた島木譲二さんが、2016年12月に亡くなりました。吉本新喜劇といえば、関西圏では知らない人がいないほどの存在です。なぜならば、毎週土曜のお昼に放送される名物番組だったからです。劇場に足を運ばなくとも、誰もがテレビで目にしたことがある存在が吉本新喜劇なのです。

  • テレビバラエティの黄金時代とは?

    1990年はテレビバラエティの黄金時代だといえるでしょう。ダウンタウン、ウッチャンナンチャンといったお笑い第三世代の番組がはじまり、さらにナインティナインや爆笑問題、くりぃむしちゅー、ネプチューンといった次の世代が現れました。そんな時代の熱狂を記した本が『1989年のテレビっ子』(双葉社)です。著者の戸部田誠は、もともとてれびのスキマ名義で、バラエティ番組のウォッチャーとしてブログを開設しており、ネットでは名の知れた人でした。

  • 千原ジュニアと年上の後輩

    お笑い芸人の世界は、年齢に関係なく芸歴でカウントされます。年齢に関係なく、1日でも先に入っていた人を先輩として扱うべきとされています。ただ、そこまで厳密なものはなく通常は1年ないし半年単位で、芸人の上下関係は規定されます。

  • ウンナン、ダウンタウンなぜ仲が良い?

    ウッチャンナンチャンとダウンタウンは、とても仲がいいコンビ同士として知られています。それはなぜでしょうか?

1 / 8 1 2 3 4 5 最後 »