赤坂お笑いDOJOとは?

テレビではお笑い芸人のネタ番組が多く存在します。ですが、お笑い芸人のネタ披露はテレビばかりではなく、ラジオで行われていることもあります。知る人ぞ知る番組が「赤坂お笑いD・O・J・O」です。


日曜の深夜にオンエア

「赤坂お笑いD・O・J・O」は、TBSラジオで月に一度放送されていました。放送時間は日曜の深夜ですから、ふだんは24時間放送をしているラジオが放送休止となる時間帯です。マイナーな時間帯ゆえに自由な番組作りがなされていました。

若手芸人が多数出演

「赤坂お笑いD・O・J・O」は、若手芸人が出演し、勝ち上がるごとに段数があがっていくというシステムでした。審査の形式は、同じ段数の芸人同士が戦うことによって行われます。この番組はお笑いフリークとして知られるTBSの浦口直樹アナウンサーが自ら企画としてプロデュースしていました。

放送期間は?

「赤坂お笑いD・O・J・O」の放送開始年は、1994年です。のちに社会的なブームとなる「ボキャブラ天国」の出演者たちが多く出演していました。それでも、当時はまったく無名の芸人たちであり、お笑いブームも到来していない時代です。月に一度の深夜のラジオ番組ということでひっそりと放送されていました。この番組は放送開始から10年近くにわたって続き、2003年におしまれながら休止となりました。

「漫才でお客さんに嫌われない登場方法」の詳細を調べる

    
コメント