ビートたけしの褒め言葉とは?

「くだらない」「しょうがない」これらの言葉にはどういうイメージがあるでしょうか。どこかネガティブなイメージ、否定的なイメージがあるかもしれません。ですが、時と場合によってはこの言葉が褒め言葉になることもあります。


たけしさんの褒め言葉

「くだらねえ」「しょうがねえな」というのはビートたけしさんの最高の褒め言葉だったりします。「元気が出るテレビ」が始まるにあたり、スタッフが持って行った企画に対して、たけしさんが腹をかかえて笑いながら発した言葉が「くだらねえ」というものなのです。これ以来「元気が出るテレビ」のスタッフは、くだらないと言ってもらえるような企画を持っていくようにしたといわれています。

オールナイトニッポンの一コマ

さらにもうひとつのフレーズである「しょうがねえな」もたけしさん一流の褒め言葉です。このフレーズは人気深夜ラジオ番組である「オールナイトニッポン」の中で誕生しました。リスナーから寄せられる、シモネタや、低レベルなダジャレハガキのようなものを読み上げながら「しょうがねえな」とあきれたように言う声がたびたび聞こえました。これは決して否定されているわけではなく、リスナーとして、ハガキ職人としてビートたけしさんに認知されていることにほかならないのです。ラジオのリスナーは、たけしさんに「くだらない」と言ってもらうために、毎週ネタを考えていたといえるでしょう。

「お笑いの「世代」とは?」の詳細を調べる

    
コメント