スイカのドリフカットとは?

夏の食べ物といえばスイカでしょう。スイカの切り方はどのようなものがあるでしょうか
? 半分に割って、それをさらに半分に割ってというスタイルが主流でしょう。スイカの切り方の一つにドリフカットといわれるものがあります。このドリフカットとは一体どのようなものなのでしょうか?


ドリフカットとは何か?

ドリフカットとはお笑いコントグループ、ドリフターズに由来します。ドリフのコントで志村けんが、スイカの早食いをする場面があります。早食いといっても、歯でスイカを押しつぶしているようなもので、食べているとはいえません。スイカは水分が多いので、このような食べ方が可能となっているのです。子どもの頃、志村けんのスイカの食べ方を真似して怒られた経験を持つ人もいるのではないでしょうか? 

見えるところだけ加工

実は志村けんが食べていたスイカは、表面だけが見えるようになっており、裏の実の部分は削り取られていました。さらに、もともと横幅を薄くカットしたものを食べることもあったようです。これにより、より早くスイカを食べることができるようになっていたのです。テレビの演出上の工夫と言えるかもしれません。志村けんの早食いを再現したい場合はドリフカットを試みてはいかがでしょうか? もちろん取り出した中身は「スタッフがおいしくいただきました」精神にもとづき大切にしましょう。

「ボキャブラ天国のキャッチフレーズに込められた意味」の詳細を調べる

    
コメント