ダウンタウンと紅白

紅白歌合戦は毎年さまざまなドラマを生み出します。いまでも伝説として語られるのが、1995年、平成7年の回でしょう。この年、ダウンタウンの浜田雅功が、小室哲哉プロデュースによって、Hjungle with Tとして「WOW WOW TONIGHT」をリリースし、大ヒットを飛ばしました。そのため、年末の紅白歌合戦にも出場することになったのです。


もともとのきっかけは?

この曲が生まれるきっかけは音楽番組「HEY! HEY! HEY!ミュージックチャンプ」において、冗談で小室哲哉にプロデュースを依頼したことにはじまります。決して歌がうまいとはいえない浜田雅功の歌声を、当時イギリスのロンドンで流行っていたジャングルという高速ビートの音楽に乗せて、見事な楽曲を作り上げます。

紅白出場へ

紅白出場時は、浜田雅功ものすごく緊張した顔で登場しました。曲の終わり際、ゲイシャガールズの恰好に扮した松本人志が乱入して、会場が湧きました。その時の司会者はフリーアナウンサーの古舘伊知郎です。音楽番組がちょっとしたバラエティの場となったのです。ゲイシャガールズは、以前に坂本龍一プロデュースでダウンタウンが行っていた音楽ユニットです。松ちゃんがゲイシャガールズの出番と勘違いして出てきたという設定だったのです。松本はのちに「ガキの使い」のトークで「オレの姿見たときめっちゃ嬉しそうな顔した」と浜田を揶揄しています。

ダウンタウンの紅白出場を受けて裏番組のフジテレビでは今田耕司、東野幸治、板尾創路、ほんこんらによる「鬼のいぬ間に天下取ったるねんスペシャル」が放送されました。

「きゃりーぱみゅぱみゅと篠原ともえは似ている?」の詳細を調べる

    
コメント