フォークダンスDE成子坂とは?

90年代にはさまざまなお笑いコンビが活躍しました。中でもフジテレビ系で放送された「ボキャブラ天国」シリーズは、社会現象を巻き起こしました。20代の若手お笑い芸人がアイドル的な人気を博したことも話題となりました。


プレボキャブラコンビ

そんな中で「ボキャブラ天国」以前に早くから活躍していたコンビがフォークダンスDE成子坂でしょう。中学校の同級生であった桶田敬太郎と村田渚によって結成されたコンビでした。シュールが芸風で知られており、意表をつく展開のコントなどを繰り広げていました。彼らは「ボキャブラ天国」以前から、バラエティ番組へ出演していました。そのため、お笑い第四世代にくくられます。この世代の芸人はナインティナインや、雨上がり決死隊、FUJIWARAなどが該当します。いわゆるボキャブラ芸人たちは4.5世代にカウントされることがありますので、頭一つ飛び抜けていたといえるでしょう。

解散してしまう

ですが肝心の「ボキャブラ天国」で、フォークダンスDE成子坂はいまいち目立てませんでした。さまざまなキャラクターがつけられる中で、2人はただの兄ちゃん以上のキャラになることはなかったのです。そのためか、露出も減り、1999年12月に解散してしまいます。さらに、村田渚が2006年に35歳の若さでくも膜下出血により亡くなってしまい、ファン待望のコンビ復活もできなくなってしまいました。

「その情報は信じられますか?デマに騙されない為の3つの心得」の詳細を調べる

    
コメント