福岡吉本ってなんだ?

吉本興業は日本を代表するお笑いプロダクションであるといえるでしょう。お笑い芸人のマネジメントばかりでなく、テレビ番組やラジオ番組、あるいはDVDなどの制作事業などを行っており、まさにエンターテイメントのトータルカンパニーであるといえます。


東京大阪以外も

そんな吉本興業は、東京と大阪に事務所を持っています。本社は東京にありますが、大阪の吉本の劇場は「baseよしもと」と呼ばれていました。まさに拠点としての吉本が存在するのです。そんな吉本興業は東京と大阪以外にも事務所を持っています。その一つが福岡吉本でしょう。

出世頭は華丸大吉

福岡吉本の出世頭といえば、博多華丸・大吉でしょう。彼らは福岡に吉本興業が事務所を作った際の一期生となっています。そこにはのちにカンニングを結成する竹山隆範もいました。カンニング竹山は一年ほどで、福岡吉本を離れて東京へ向かいます。その後長い潜伏期間を経てブレイクを果たします。

一方の博多華丸・大吉は、鶴屋華丸・亀屋大吉の名前で、福岡の多くのテレビ番組に出演していました。当時、福岡には大きな芸能事務所がなく、なおかつお笑い関連をフォローできる事務所もありませんでした。そのため、バラエティの仕事がたくさん振られてきたそうです。福岡ローカルとはいえ、多くの仕事をもらっていため、若手芸人としてのお金の苦労といったものはあまり感じなかったようです。さらに、最初のオーディションもそれほど力量が問われず「声が大きければ受かった」と博多華丸・大吉の2人が自嘲気味に話していたことでも知られます。

その他は?

その他の福岡吉本のメンバーとしては、自虐ネタでブレイクするヒロシや、「M1グランプリ」で優勝を果たすパンクブーブーなどがいました。さらにヤンキーネタで知られるバッドボーイズなども一時期福岡吉本に在籍していたことで知られます。

「お笑い芸人情報」の詳細を調べる

    
コメント