春一番の同期芸人たち

先日、お笑い芸人の春一番さんが47歳の若さで亡くなりました。アントニオ猪木のものまねで一世を風靡し、人気者となりました。春一番さんは、高校を中退後、サラリーマン生活を経て、お笑い芸人の片岡鶴太郎さんに弟子入りします。


太田プロの同期たち

鶴太郎さんが所属していた太田プロダクションに春一番さんも所属することになりますが、同期芸人にはそうそうたる人びとがいます。

爆笑問題の2人、さらに現在は太田さんの奥さんであり事務所の社長である太田光代さんも松永光代という名前で楠田枝里子のものまねなどを披露する芸人でした。さらに、ものまね芸人の松村邦洋さんも春一番さんの同期となります。

同期のメンバーで合同コントをやろうと、松永さんの家に集まってミーティングを行ったこともあったようです。その時に、忘れ物をしたフリをして家に戻った太田さんが、そのまま松永さんの家に住み着いてしまい、結婚してしまったというのはよく知られたエピソードです。

関東の笑い

現在ではテレビでは関西言葉をしゃべる吉本興業の芸人を見ない日はありません。しかし、春一番さんが芸人となった80年代末は、吉本興業は本格的な東京進出は果たしておらず、関東の笑いというものがまだ生きていました。

同じく太田プロダクションに所属するダチョウ倶楽部の上島竜兵さんのイジられ具合や、有吉弘行さんの先輩後輩顧みない毒舌などは、上下関係がしっかりとした吉本興業的な笑いと対照的なものです。

しかし春一番さん本人はというと、かなり先輩後輩の関係性には厳しい人であったようです。

    
コメント