元猿岩石森脇どんなキャラ?

元猿岩石で、有吉弘行の相方として知られる森脇和成が芸能界復帰を果たしました。辺見プロモーションに所属し、今後はお笑い芸人としてだけでなく、俳優活動なども行うようです。


どんなコンビ?

もともと猿岩石は、中学校時代の同級生で結成されました。二人で上京し、最初は東京ドーム周辺で野宿をしながら暮らしていたといいます。2人が20歳の時に、日本テレビの人気バラエティ番組『進め! 電波少年』において行われた「ユーラシア大陸横断ヒッチハイク」企画に突如参加させられます。2人は事務所に勝手にパスポートを取られ、わけもわからず香港まで連れてこられて、いきなり企画を打ち明けられました。その後、所持金の10万円をあっという間に使い果たすと、現地でお金を稼ぎながらロンドンを目指しました。2人が追い詰められ、人の優しさなどにふれて感謝の気持ちを持っていく様は感動を生み、大人気企画となりました。猿岩石の凱旋イベントでは西武球場が満杯となりました。

森脇のキャラクターは

当時、森脇のキャラクターはどういったものだったのでしょうか。有吉は、ちょっとお調子者で、気分屋というキャラクターでした。酒好きで、お酒を飲んで羽目を外すこともありました。対する森脇は、そんな有吉を支えるしっかりものとして取り扱われていました。もともと、お笑いの道も有吉に誘われたものなので、芸人としての野心も有吉に比べれば低かったといいます。実際、一度は芸能界引退をしています。当時は、芸能活動と平行してサパークラブ経営などの副業にも多く手を出していたようです。堅実といえば堅実ですが、移り気が多いというのも森脇の特徴かもしれません。

元猿岩石の森脇和成の芸能界復帰がなされました。もともと森脇はどういうキャラクターだったかといえば、自由奔放な有吉に対して、まじめ、しっかりものという位置でした。

「漫才でお客さんに嫌われない登場方法」の詳細を調べる

    
コメント