ファミレスが高いと感じだしたら落ち目? 有吉に学ぶお金の哲学

あなたはファミレスの料金を高いと思いますか? 安いと思いますか? ファミレスの料金を高いと感じたら落ち目のサインです。それは一体なぜでしょうか? 芸能界をV字回復した有吉さんが考えるお金の哲学を紹介します。


ファミレスが嫌は落ち目のサイン

有吉さんはこう言います。

人間落ち目になると早いんですよね。「だんだん仕事が減ってきたなあ」って気付いたときには、もうかなり落ちてます。仕事も金も運もかなりなくなってます。仕事つてなくなり始めると早いんですよね。最初はちょっとずつ少なくなっていくんですけど、それがだんだん加速度ついてなくなっていって、「あれ? あれ?」って言ってる間に、気付いた頃には本当に全然仕事がないっていう状況に陥ってます。「落ち目だよなあ」って思ったときはもう遅いんです。「仕事もないし、金もないし、どうしよう?」つてなって慌てるんですよ。でもそこで慌てても遅いんです。そうならないためには、できるだけ早く「自分は危ない」っていうことに気付かないといけないんです。落ち始めに気付いて、そこで手を打たないといけません。

じゃあ、「落ち始め」に気付くにはどうすればいいか? それにはいつでも自分でアンテナを張っておくことです。「自分は落ちるぞ、いつか落ちるぞ」っていつでもそう思ってることです。「自分は大丈夫」なんて絶対に思っちゃダメです。常に、「自分は落ちるぞ」とか、「そろそろ落ちるから気を付けてないと」って思ってないと。そこはもう完全にネガティブです。「自分は大丈夫」なんて前向きに思ってると命取りです。ポジティブな考えとかいらないです。

具体的にどういうのが「落ち目のサイン」か?

友達と「ご飯食べにいこう」ってなったときに、「その店はちょっと…」って思うようになったら要注意です。ちょっとここ行くのキツくなってきたな…」と思うようになったら、確実に生活レベルが落ちてます。「金がなくなってきてる」ってことに早く気付かないとダメです。
確実に危ないのが、「ファミレス行くの嫌だな」と思ったとき。これは完全に落ち目のサインです。「自分は落ち始めてる」と思って間違いないです。

ファミレスくらい気前よく払えるように仕事をがんばりましょう。

「お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」(有吉 弘行)」の詳細を調べる

次の記事

「有吉のお金哲学」

前の記事

「有吉に学ぶ! 芸能界を生き抜く技術」

    
コメント