有吉に学ぶ! 芸能界を生き抜く技術

厳しい世界である芸能界。芸能界を生き抜くには技術が必要です。今回は、猿岩石ブームからドン底まで落ち、再びブレークを果たした有吉さんの芸能界を生き抜く技術を紹介します。


■出る杭になるな!

世間から目立つようになると、あることないこと言われたりします。だからこそできるだけ目立たないようにしましょう。「気配を消す」のです。「出る杭」になって打たれちゃダメです。できるだけ打たれないようにしなければいけません。

■理想は窓際族

理想をいえば「芸能界の窓際族」と有吉さんは語ります。ゴールデン番組に出たりすることもなく、深夜番組とか、誰も見てない仕事とかして、それでも収入はちゃんとあるという状況が理想です。そのほうが細く長く生きられます。最終的には、名誉よりもお金です。「芸能界で名を上げよう」よりも、実を取りましょう。できるだけ目立たないようにして、でも実はそこそこ稼いでるっていうのが理想のポジションです。

■自分を下に見せる

「芸能界の窓際族」として生きるためにも、「自分を下に下に見せる」ということが一番大事です。自分を大きく見せないで、より小さく見せます。「自分は売れてる」とか、サラリーマンなら「自分は仕事ができる」なんて見せてはダメです。絶対にどこかで反感買います。そうならないためには、自分を実力以下に見せることです。自分を小物に見せることが大切です。

■相対評価を狙う

世の中には「絶対評価」と「相対評価」があります。「こいつは絶対的に仕事ができる」という評価と、「こいつはこの中では仕事ができる」という評価。「絶対評価」はいりません。「相対評価」で十分です。「こいつ絶対に面白い」ではなくても、「ここの中にいると面白いよな」ぐらいで十分なのです。だから、有吉さんは芸人が大人数いるところであまり仕事がしたくないのです。それよりアイドル相手にやってるほうがいいです。自分が一番面白そうに見えるからです。アイドルのようなお笑いの能力が低いヤツらの中で、「面白い」と言われたいのです。「相対的に面白いよな」で良いのです。

サラリーマンでも、あの先輩に追いつけ追い越せとか、同期のライバルと仕事で争ったりとかやったりしますけれども、そこには向かわない方が良いのです。戦場には出ない。矢面に立たない。それが基本です。

■周りを優秀な人で固める

万が一、ゴールデンの司会が来たりしたら、「まわりをガッチリ固めてください」と頼みます。まわりを優秀な人で固めておくと、自分もできそうに見えるものです。だから自分ができるように見せたいなら、まわりにできるヤツを置いておきましょう。そうすると、「こいつもできるんだろうな」と勝手に勘違いしてくれます。「自分は仕事ができるんだ」とか、「俺は面白いんだ」とか、自分の実力をアピールしたり、実力測定の場でガツツリ勝負するようなマネはしちゃダメです。自分から戦場に出ていくようなマネはしてはいけないのです。自分の今のポジションを守りたいなら、失敗したときのリスクはとらないほうが良いのです。

■寄生虫の八方美人になる!

自分の力なんてたかが知れてるんですから、誰かの尻馬に乗って、寄生虫として生きていくのが一番いいんです。それには寄生先を間違えないこと、いつでも乗り換えられるようにしておくことが大切です。そのためにも、いろんな人にいい顔しておくのが一番いいんです。乗り換えるときに大事なのは、誰かの色がつきすぎてないか。寄生虫として生きるなら、誰かの色がついてはいけません。サラリーマンでも、◯◯部長派閥みたいな色がつくと、その部長が飛ばされたときに、他の部長派閥に入れないっていうのがありますよね。いざっていうときに乗り替えるには、いろんな人にいい顔してるのが一番いいんです。八方美人でいいんです。

■最終的には運!

そもそも仕事がデキるデキないの実力差ってそんなにありません。それよりも自分が出世のラインに乗ってるかとか、できる上司の下についてるかというほうが大事です。結局それってなんなのかっていったら「運」なんです。

有吉さんの考え方にははっとさせられます。ビジネスにも活用ができます。有吉さんの考え方を学び、長く生き抜く技術を身につけてはいかがでしょうか?

「お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ「生き残りの法則50」(有吉 弘行)」の詳細を調べる

次の記事

「ファミレスが高いと感じだしたら落ち目? 有吉に学ぶお金の哲学」

前の記事

「有吉に学ぶ! 芸能界を生き抜く技術」

    
コメント