一発屋芸人はなぜテレビから消えるのか?

テレビには毎年のように人気芸人が現れて、いつの間にか消えていきます。ただ、単に飽きられてしまった、と見ることもできますが、業界の構造も関係しています。


バーターの対象が変わる

テレビ業界にはバーターという制度があります。これは人気の芸能人を出す代わりに、同じ事務所にいる無名の芸能人をセットで売り出すものです。一発屋芸人と呼ばれている人たちは、バーターによってテレビに出てきて知名度を獲得する人たちが多いです。事務所が新しいタレントや芸人を売りだそうと思ったらバーターとする対象を変えることもあります。そうしてテレビの画面から消えていくと見ることもできるでしょう。

営業のギャラがいい

テレビで知名度を獲得すると営業が多く入ってきます。営業は1日で数ステージをこなすこともできるので、とてもギャラが良いです。テレビの場合はリハーサルから本番からと長時間拘束されてしまうため、コスパとしてはあまりよくありません。テレビから消えてしまった人でも営業では顕在ということもあります。

むしろ営業やライブといった場で、トークやリアクションの腕を磨いてテレビにカムバックする人もいます。

有吉弘行は二発屋

一発屋芸人が返り咲きした例としては元猿岩石の有吉弘行の例があるでしょう。彼自身「二発屋」と自虐的な言い方をしていますが、当初は毒舌キャラとして現れ、建前の多い世の中を本音でぶった切るキャラとして見事にブレイクしています。

「有吉に学ぶ! 芸能界を生き抜く技術」の詳細を調べる

    
コメント