「ジャムパラ」とは何か?

その時代ごとに旬な若手芸人があつまり、多くのコント番組が作られてきました。ダウンタウンとウッチャンナンチャンが共演した「夢で逢えたら」などは伝説のコント番組といえるでしょう。


90年代の番組

「夢で逢えたら」が90年代初頭を代表するコント番組であったとしたら、90年代の半ばにひっそりと放送されていた番組が「ジャムパラ」です。この番組では、ビビる、スープレックス、ジェット☆キッズ、ファンキーモンキークリニック、あぶらとり紙、坂道コロコロといったお笑い芸人に加えて、新山千春がレギュラーとして出演していました。新山千春は当時、16歳。青森から上京したてのういういしいアイドルでした。

ほかのメンバーは?

いまは聞き慣れないお笑い芸人の名前も多くいます。スープレックスは劇団ひとりが組んでいたコンビです。あぶらとり紙は、現役女子高生コンビとして当時、話題になっていました。

構成にさまぁ~ず大竹

さらに、スタッフでは構成作家に大竹一樹が加わっていたことでも知られています。当時、バカルディ、現在さまぁ~ずの大竹さんです。当時のさまぁ~ずは現在よりも仕事がなかったため、誘われるままにやっていたようですが、本意ではなかったことが当人のインタビューなどでは語られています。

「お笑い芸人の情報」の詳細を調べる

    
コメント