オードリーはなぜ売れた

お笑い芸人のオードリーは、いまや飛ぶ鳥を落とす勢いの人気があります。オードリーがブレイクするきっかけは、2008年に行われた「M1グランプリ」です。敗者復活戦から勝ち上がったオードリーは決勝へ進出し、準優勝を成し遂げます。そこで知名度が飛躍的に上昇しました。以降、テレビに引っ張りだこの存在となります。なぜオードリーは受けるのでしょうか?


キャラが立っている

オードリーは何よりキャラクターがしっかりと立っています。変わり者の春日と、しっかり者の若林というキャラクターがあります。さらに若林には人見知りキャラ、春日には節約家キャラなどがついていました。最近では、春日はボディビルなどアスリート分野への挑戦も見られます。常にキャラクターを立てているというのは、わかりやすさにもつながっていいのではないでしょうか。

ヒネたセンスもある

さらにオードリーは、パートは若林がボケであり、春日がツッコミという体裁をとっています。しかし春日のツッコミがタイミングや見当外れなものであり、それを若林が補正することで笑いを生み出すという効果があります。つまり、キャラクターを立てつつも、ひとひねりを加えているというところも、既視感を回避する新しいお笑い像を生み出しているのかもしれません。オードリーはさまざまな点において新しい笑いであったことは確かなことでしょう。

「お笑い芸人情報」の詳細を調べる

    
コメント