ナイツ漫才の作り方

ナイツは人気漫才コンビです。ナイツの漫才は、ボケの塙さんが、調べてきたことを披露して、それがちょっとずつ間違っているという、ずらしの笑いです。土屋さんのおだやかなツッコミも、魅力です。老若男女に楽しめる漫才でありながらも、塙さんの下ネタ攻めも隠れた魅力です。


言い間違いのルーツは

ナイツのネタは塙さんによって作られているようです。この言い間違いや、見当違いな言葉はどうしたものから生まれるかといえば、ワープロソフトの誤変換が一つのヒントになっているようです。日本語には、同じ音を持ちながら、意味が違う単語が無数に存在します。「雨」なのか「飴」なのかといったものが有名でしょう。基本的に時事ニュースをフォローしながら、ランダムに言葉を書いていくうちに、ふとした誤変換が生じて、そこからボケを作り出していくのです。

現代的な笑い

そうして見るとナイツの漫才というのは、古風でベタでありながらも、実は新しい漫才といえるのかもしれません。情報化社会の中で、無数にあふれる言葉、キーワード、フレーズの中から、言い間違いを探して、おかしみを見出すという批評性がそこに機能しているのです。これは言葉があふれる時代だからこそ笑えるというのもあるかもしれません。実際ナイツの漫才は、その人自身のキャラクターを強調する、頼るといったことは行われていません。まさに言葉だけで勝負しているのがナイツ漫才の本懐といえるのです。

「お笑い芸人情報」の詳細を調べる

    
コメント