懐かしの現役高校生芸人

現在ではあまり見られないことですが、90年代には現役の高校生のお笑い芸人というのがちょこちょこといました。その世界をふりかえってみましょう。


太田プロが多い

現役の高校生コンビを多く抱えていた事務所が太田プロダクションです。関東系の老舗お笑い事務所として知られ、かつてはビートたけしが在籍したことでも知られます。太田プロを代表する現役高校生コンビといえばスープレックスでしょう。片割れは、現在の劇団ひとりです。当時から、声優やチーマーのものまねといったマニアックなネタを披露していました。さらに同事務所には男子コンビであるブラックパイナーSOSのほかにも、バービーズといった女子高生コンビもいました。両コンビともルックスが良かったのでアイドル的な人気を博していました。

ホリプロにも

ホリプロにもあぶらとり紙という女子高生コンビがいました。黒縁メガネと、前髪ぱっつんな女子高生コンビで、いまならサブカル系にくくられるような人たちでしょうか。

ほかの事務所には?

さらに爆笑問題のタイタンには、冷やし中華はじめましたという3人組のトリオがいました。爆笑問題に同じく、背の高い人間と低い人間がいるデコボコトリオでした。さらにソロ芸人として毒舌ネタを披露していたアンラッキー後藤も、高校生の頃からお笑いをやっていた人として知られます。

「ボキャブラ天国が再放送できない事情」の詳細を調べる

    
コメント