ネプチューン名倉は読書家?

芸能人には読書家の人たちがいます。亡くなった児玉清さんなどは有名でしょう。そんな中で隠れた読書家といえるのがネプチューンの名倉潤さんです。


乱読派?

名倉さんは、小説はもとよりノンフィクションや経済書など、あらゆるジャンルの本を読んでいると言われています。その数は年間百冊を下りません。さすがに世間には一日一冊ペースくらいで読んでいる読書家もいますので、年間百冊が多いか少ないかというのは意見がわかれるところかもしれません。ですがお笑い芸人でこれだけ本を読んでいるという人は珍しいのではないでしょうか。

経験が生かされている?

この実績を買われて「週刊プレイボーイ」(集英社)において読書エッセイを連載していたこともあります。ですがテレビにおいては十分に生かされているとは限りません。現在レギュラーをつとめる「ヨソで言わんとい亭~ココだけの話が聞ける(秘)料亭~」(テレビ東京)には、さまざまな分野の人物が登場し、裏エピソードを披露します。その一つ一つに名倉さんは的確な返しやツッコミなどをしていますから、これも読書経験の賜物といえるかもしれません。名倉さんの読書経験を活かすような番組がもっとあってもいいと思うのですが、今は存在しません。ちょっともったいないなというのが正直なところではないでしょうか。

「漫才でお客さんに嫌われない登場方法」の詳細を調べる

    
コメント