NSCどれくらい生き残る?

吉本興業は知らない人がいないほど有名なお笑い事務所です。吉本興業は芸人養成所であるNSCを持っています。大阪校の一期生としてダウンタウンを排出したことは有名ですね。この学校は、1995年からは東京校が開設され、毎年多くの入学生が集まります。


2つで1400人

NSCに毎年入る入学生はどれくらいかといえば、およそ600人から700人といわれています。この人数がそれぞれ東京と大阪に入るわけですから、人数は1200人から1400人ということになります。ものすごい人数ですね。ちょっとした高校くらいの規模はあります。
この中から最終的にどれくらいの人たちが生き残るのでしょうか。

選抜クラスは10組

NSCは入学して半年ほどすると、選抜クラスとその他のクラスという風にわけられます。選抜クラスに残るのは10組程度といわれていますから、700人のうち、20人ほどしか選抜クラスに入れないことになります。選抜クラスに選ばれないと、事実上テレビで活躍するような芸人になることはできないといわれています。それは選抜クラスに選ばれるということは、芸人を使う側から、適正や将来性を期待されていることになるからです。もちろん、そこから、さらにセレクションが行われ、最終的には1組か2組しか残れない厳しい世界なのです。

    
コメント