太田光は映画を撮るか?

爆笑問題の太田光さんは、映画フリークとして知られています。現在お笑い芸人として活躍している彼は、究極の目標として映画を撮りたいというものがあると言われています。


第一志望は映画

爆笑問題の2人は日大芸術学部の演劇学科の同級生です。ですが太田さんはもともとは映画監督志望で、映画学科が第一志望だったようです。そのため、映画への思い入れはずっと持ち続けているのです。

コメディ映画

そんな太田さんが撮ろうとしているのは、ほろっと泣けて笑えるコメディ映画だといわれています。確かに、ラジオなどではことあるごとにチャップリンや、その相棒的存在ともいえるバスター・キートンに言及することもしばしばですから、太田さんの頭にはコメディ映画への野望があるのかもしれません。

金を貯めてから撮れ

そんな太田さんに対し、お笑い芸人出身の映画監督の先輩ともいえる北野武さんは「金を貯めてから撮れ」とアドバイスしたそうです。北野監督は、自分の映画はシリアスなので金がなくても撮れるが、コメディは金がかかるから、ということでした。実際太田さんはバリバリと稼いでいますから、着実にコメデイ映画の製作のためのお金を貯めているのかもしれません。

「8.6秒バズーカーのデマはなぜ拡がるのか 3つの理由」の詳細を調べる

    
コメント