タモリと根暗追放

タモリはかつて、深夜ラジオ番組「オールナイトニッポン」において、根暗追放キャンペーンを行っていました。タモリは、アメリカ生まれのジャズ文化の洗礼を受けています。明るいアメリカ文化に対して、日本的なじめっとした文化、アイテムを根暗として批判します。


フォークソング

タモリが根暗追放キャンペーンでやり玉にあげたものが、フォークソングでした。きらびやかなアメリカのジャズに対して、日本的な四畳半のじめっとした世界、自分たちの心情などに重きをおいた小さい世界を批判します。やり玉に挙げられたのがさだまさしでした。さだまさしの、震えるように歌う姿などを、暗いと批判したのです。

卓球もターゲットに

さらに、根暗追放キャンペーンでやり玉にあげられたスポーツに卓球があります。卓球台の上でピンポン球を弾き合うだけの、地味な競技を、批判したのです。卓球というのは室内競技である分、風の影響などを受けてはいけません。そのため、閉めきった体育館の中で行うため、かなりハードな競技です。ですが、見た目の筋肉や、体が大きいといった条件はそれほど求められません。そのため、卓球選手は小柄な人間も多いです。その分、ちょっと地味で根暗な競技に見えてしまうのではないでしょうか。ちなみに卓球は90年代初頭にはとんねるずがバラエティ番組に取り入れたことで、一時的なブームともなりました。

「世にも奇妙な物語の歴史」の詳細を調べる

    
コメント