ウンナン世界征服宣言とは何か?

90年代には多くの名物バラエティ番組が生まれました。その中でコアなファンを持つ番組が日本テレビ系で放送された「ウンナン世界征服宣言」でしょう。


深夜番組?

「ウンナン世界征服宣言」は、タイトル通り、毎回何か小さいことを克服しながら世界征服を目指すというコンセプトのバラエティ番組でした。毎回チーム分けが行われ、内村勝利か、南原勝利かということが競われていました。ナンチャンが勝利した場合には「ウンナン世界征服宣言」ではなく「ナンウン世界征服宣言」に番組タイトルが変更されるというコンセプトでしたが、新聞社などからわずらしいとクレームが付いたため、このコンセプトは廃止されます。放送時間は金曜の夜、23時25分から55分までした。深夜番組に近いテイストを持っていたといえるでしょう。

挑戦企画

「ウンナン世界征服宣言」ではさまざまなチャレンジ企画が行われていました。ヒッチハイク対決として日本国内を移動する企画は、やがてヨーロッパへ場所を移した国際派の企画になります。この企画はのちに猿岩石が「進め!電波少年」においてユーラシア大陸横断ヒッチハイクに先がけて行われました。

内村映画が上映?

さらに同番組では、映画少年であったウッチャンの趣向が生かされた企画も登場しました。実際にタレントを起用して撮影した内村映画が何本か放送されたこともあります。さらに、映画監督を目指して、日本大学芸術学部の映画学科を受験するという企画も行われました。日大芸術学部は、筆記試験の一次試験と面接の二次試験があります。ウッチャンは見事、一次試験を通過しますが、二次試験で落ちてしまいます。「タレントをやめて本気で映画を学びに来るなら良い」と言われたそうで、さすがにそれはできなかったようです。

毒気のある番組

「ウンナン世界征服宣言」は毒気の多い番組であったこともよく知られています。日本テレビアナウンサーであった大神いずみにアダルトビデオを借りてこさせたり、学校のトイレに隠しカメラをしかけてその様子を観察したり、さわやかなイメージのウッチャンナンチャンとは異なる企画がよく行われていました。

「漫才でお客さんに嫌われない登場方法」の詳細を調べる

    
コメント