芸能人の髪切り事情

芸能人というのは、さまざまな点で制約のある仕事です。特に、プライベートがないという点が困ったところではあるでしょう。恋人とデートもできなければ、ファンから声をかけられてそんざいな対応を取れば“塩対応”とささやかれてしまいます。さらに、勝手に髪が切れないという事情もあります。


連続性がない?

芸能人は髪を切るという自由もないのです。さっぱりしたいと思っても髪を切ることができないというのはつらいものがあるでしょう。なぜそういう成約があるのかといえば、連続性を持たせるため、イメージを保つためといったものがあります。

撮影中の制約

例えば、ドラマや映画を撮影している途中であったとしたら、突然髪を切ってしまったらどうでしょうか。芸能人本人はよくとも、あるシーンで髪が長くても、次のシーンでは短いなんてことがあれば、物語の連続性が破綻してしまいます。これは髪を切るだけではなく、日焼けなども関係しています。夏場にどこかへでかけて、肌の色をいい感じに焼いて戻ってくるなんてことも気楽にできないのです。

イメージの問題

さらに髪型を突然変えてしまってはイメージが異なってしまうという問題もあります。芸能人にとってイメージ、さらに見た目というのは、とても重要な要素であったりするのです。例えば、ロングヘアが売りの女優が突然髪を切ってしまったとすれば、シャンプーのCM依頼などが来なくなってしまうということもあるでしょう。そういう点から考えていくとするならば、芸能人というのは自分で好きな服も着ることができなければ、好きな髪型にすることもできない、好きな時間に起きて好きな時間に寝るということもできないでしょう。これだけさまざまな制約があるとなれば、ストレスを貯めこんでしまうということも必至でしょう。芸能人がたまにハメを外す様が報道されることもありますが、その気持もわからなくもないです。

「芸能人死亡説なぜ流れる」の詳細を調べる

    
コメント