なぜ国民的アイドルのスキャンダルが発覚してもファンは応援し続けるのか

先日、アイドルユニット「AKB48」の人気メンバー指原莉乃さんの男性との交際疑惑が話題に上がりました。この一連のスキャンダルは、姉妹グループの「HKT48」への電撃移籍という形で幕を閉じたようです。また、指原さんのブログや握手会の様子を見る限り、大多数のファンは応援を続ける様子。一体、どうしてファンはアイドルのスキャンダルが起きても応援を続けるのでしょうか。


■アイドルを支える「萌え」

アイドルを支えているのは、何と言っても「萌え」ビジネスです。萌えビジネスには、ある原則があります。それは、ファンが商品やサービスに参加できる仕組みがあるということ。逆に、上手くファンを参加させることが出来るアイドルは成功していると言えます。 
AKB48には、ファンを参加させる仕組みに溢れています。ファンの投票でセンターを決めるAKB総選挙や、AKBメンバーと交流の持てる握手会などは、その一例と言えるでしょう。

■「萌え」文化から生まれる「一体感」

商品やサービスに対しての参加が進むと、ファンは自分と商品との間に境界線がなくなります。つまり、萌えビジネスにおいては、商品が生活の一部としてファンと一体化していくのです。そうした「一体感」を持ったファンとアイドルの間では、多少のことでファンとして離れることはありません。ファンの間では、「応援する」ということが当たり前になるのです。

■根強いコアなファン

強い一体感を共有しているファンが多いのが、AKB48の特徴でもあります。よくAKB48のビジネスモデルとして引き合い出されるのが、演歌歌手です。演歌歌手は、爆発的にヒットしなくても、長期的に活躍していけるのはコアなファンがいるからです。AKBも当初は売れない時代が続きましたが、支えてくれたのはコアなファンがいたからです。

スキャンダルが起こった今でも離れないコアなファンの存在がAKB48には大きいということですね。

アイドルと言えども、普通の女の子。過剰な報道が必要かどうかは分かりかねますが、AKB48が国民を巻き込んだアイドルになったということは間違いないようですね。

次の記事

「AKB第4回選抜総選挙での話題まとめ」

前の記事

「なぜAKB総選挙は国民的な話題にまでなったのか」

参考本

「萌えビジネスに学ぶ「顧客を熱中させる」技術(藤原 実)」

    
コメント