モーニング娘。の名前の由来

モーニング娘。は1997年からメンバーの入れ替えを行いながら活動しているアイドルグループです。

初期メンバーである矢口真里が、1年半ぶりにワイドショーに姿を現したことが話題となりました。その後、元メンバーの加護亜依と交際していた人物が逮捕状を出されているニュースが飛び込んでいます。プロデューサーであるつんくは、一度かかっていた咽頭がんの再発を報告しました。

何かと話題を提供してくれるモーニング娘。ですが、このネーミングの由来を確認してみましょう。


「お得な感じ」から来ている

モーニング娘。の名前の由来は、喫茶店のモーニングセットから来ていると言われています。喫茶店のモーニングセットはコーヒー一杯の値段で、トーストやゆでたまごやサラダなどがついてくる、とても「お得」なセットです。さらにモーニングセットのお手軽さ、親しみやすさも、名前の由来となっているようです。

末尾に付けられる「。」はその後、さまざまなネーミングセンスに影響を与えました。芸人のほっしゃん。など、その一例でしょう。

脱退と加入

モーニング娘。の新しさはメンバーの脱退と加入が繰り返され、つねに更新がなされていることでしょう。メンバーの入れ替えを行うことで、フレッシュさを失わず、マンネリ化を防止することができます。加齢、というアイドルの宿命を見事に乗り越えているのです。

今後もモーニング娘。は続いていくことでしょう。

「素人だった「モーニング娘。」を成功させたつんくのプロデュース術とリズム論」の詳細を調べる

    
コメント