元SMAP森且行はどんな人?

先月フジテレビ系で放送された27時間テレビはSMAPが総合司会を務めたことが話題となりました。ラストのライブでは、元SMAPメンバーである森且行からの手紙が読まれ、メンバーが涙を流す感動の場面もありました。


森くんとは?

森且行は1995年5月までSMAPのメンバーでいました。SMAPの結成は1988年ですから、7年ほどメンバーだったことになります。

森くんはSMAPのメンバーの中でも飛び抜けた才能の持ち主でした。顔が格好いいのはもちろんのこと、運動神経も抜群でした。その能力はオートレーサーとして活躍する現在にも生きていると言えるでしょう。

レギュラー出演していたバラエティ番組「夢がMORIMORI」で行われていたキックベースではホームランを連発するなど、大活躍を見せていました。

歌うますぎ

さらに森くんは歌もうまい人でした。リーダーである中居正広は「歌下手」をキャラクターとして売り出していますが、ジャニーズの男性アイドルグループの本懐ともいえる歌と踊りを完璧にこなしているのが森くんだったのです。

両立を模索

そのため、森くんがSMAPから抜けることは大きな痛手となることを意味しました。当初はオートレーサー兼アイドルというポジションを模索していたようですが、それは無理ということになり、オートレーサーの道を選択することになったのです。

「アイドル情報」の詳細を調べる

    
コメント