樹木希林の言葉に学ぶ

2018年に亡くなった女優の樹木希林さんは、さまざまな名言を残しています。そうした言葉から学ぶことはあるでしょう。それは先人の言葉であるとともに、何かを成し遂げた人の言葉でもあると言えます。


何が語られているのか?

樹木希林による『一切なりゆき 樹木希林のことば』 (文春新書) は樹木希林さんの言葉をまとめたものです。それはインタビューの中からふいに語られるものであり、あるいは短いコメントのようなものであり、さまざまな言葉たちです。そこにおいてはいつもユーモアを添えることを忘れない樹木希林さんの精神があったと言われています。それはどのようなことであるかといえば、やはり芸能人としてのサービス精神を持った人であったのかもしれません。

求めすぎないこと

さらに樹木希林さんは芸能人として活動しながらも、欲を求めすぎないことが大事と述べていました。そうした生き方のエッセンスというのは、これからの時代に必要なものであるのは確かでしょう。慌ただしい時代であるからこそ、樹木希林さんのように一度立ち返ってみるというのは必要なのかもしれません。さらに樹木希林さんの言葉は、本人が意識しないところで出てきたものであり、いわば無意識に身体から出てきた言葉であるとも言えるかもしれません。彼女の残したさまざまな名言にふれることで、自分のこれからの人生に役立てていきたいものです。

    
コメント