松田優作はなぜ早死したのか?

松田優作という俳優がいました。今でも多くのファンを持つ伝説の俳優です。彼は39歳という若さで死去しています。とても短い生涯でした。なぜこのように早すぎる人生を駆け抜けてしまったのでしょうか。


治療を拒否した

松田優作は膀胱がんで死去しています。尿に血が混じるようになり、診察をした時にはかなり進行している状態であったようです。実際、膀胱がんは進行が早く、血尿が出た時点でも発見は遅すぎるということになるようです。すぐにでも入院して治療を開始すべきでしたが、彼は治療を拒否します。映画「ブラックレイン」の撮影を控えていためです。この映画ではアクションシーンが多くあり、がんの治療を行うと演技をすることができないと判断して、渡米してしまったのです。撮影中には激しい痛みもともなっていたようです。さらに、彼は幼少期の事故で片方の腎機能を失っていたとも言われています。そうした点も関係しているのかもしれません。

医者嫌い

さらに松田優作は医者嫌いで知られていました。抗生物質を大量に入手して自分で飲んで治していくということもしていたようです。さらに大量の酒も併用していました。せめて禁酒して治療に専念ということもしていればまた違ったのかもしれません。

酒とタバコ

さらに松田優作といえば酒とタバコです。松田優作に憧れる人は誰もがそうしたスタイルを一度は真似するということもあったかもしれません。

「男性が女性より早死にする理由って?」の詳細を調べる

    
コメント