ナンシー関の批評スタイル

現在、ネットには芸能人やテレビに関するネットニュースがあふれています。おもにブログでの芸能人の発言や、テレビ番組で起こったハプニングなどがすぐに文字化されてネットニュースとして配信されています。この状況を、テレビ批評、芸能人批評で知られたナンシー関に例える意見もあります。ですが、現在のネットニュースとナンシー関的な批評の間には明らかに、異なるものがあるといえるでしょう。


ナンシースタイルとはなにか?

ナンシー関は、ひたすらテレビを見続けることにより、芸能人のたちふるまいなどについて毒舌のコラムを記すことで知られていました。その時に用いた手法は、テレビに映ったことのみを題材としてコラムを書くというものです。例えばその芸能人の所属事務所の、芸能界における力関係といったインサイダーな情報は用いなかったのです。なにか物事には裏があるはずだという前提で書かれているのが現在のネットニュースだとしたら、ナンシー関的な批評はその対極にあったといえるでしょう。つまりは、芸能界と芸能人というのは、そこに映ったものがすべてであり、そこに深い思慮や、芸能界の闇といったものは存在しないという立場から文章を書いていたのです。

見られている感覚

テレビに映ったものがすべて、であるわけですから、芸能人の中には常にナンシー関に見られている意識があったと回想する人もいます。

    
コメント