佐藤優、15歳の旅

佐藤優は元外務省主任分析官で現在は作家として活躍する人物です。多くのジャンルの本を手がけていますが、中学、高校、大学、大学院から新人外交官時代にかけての自身の青春記も多く記しています。そんな数ある佐藤優の青春録の最高傑作といえるものが『十五の夏』(幻冬舎)です。


たった一人の旅

1975年、高校へ入学した佐藤優少年は夏休みを利用して1ヶ月間の旅行へ行きます。行先は、当時、社会主義体制を敷いていたソレント東欧諸国です。この旅の一番の目的は文通をしていたハンガリーの友人に会いに行くことでした。その後、ソ連を横断するように移動し、ナホトカから横浜まで船で戻るプランを立てます。当時は、現在のようにインターネットで飛行機やホテルの予約がすべてできる時代ではありません。さらにヨーロッパはEUのように国境審査なしでの移動はできませんでした。そのため、移動する国を1カ国ずつ大使館に赴き、ビザを取得することから佐藤少年の旅ははじまります。

変わらぬ記憶

佐藤優は記憶力に優れた人物として知られています。本書を執筆するにあたって当時のメモや写真などはあったのでしょうが、今ここであった出来事のように如実に描写されています。ぎこちない英語を用いた佐藤自身について、日本について、家族についてなどの会話がつぶさに再現されています。当時の社会主義国家は、入国時に強制両替があり、なおかつ持ち出しも禁止されているので、お金の使い方に苦労する場面も多く描かれています。

国際電話の絆

現在はインターネットが繋がっていますので、世界中のどこへいてもメールやスカイプで相手と会話をすることが可能です。しかしながら佐藤少年が旅をした時代にはそのようなものはありません。ハガキを送るか、国際電話をかけるしかありません。ハンガリーで泊まったホテルに猫がおり、自宅にいるペットの猫を思い出した佐藤少年は家族へ電話をかけようとします。しかし、ソ連のモスクワ経由の回線は混み合っており、なかなかかかりません。やっとつながり、電話に出た妹と3分間の会話をして5000円近い請求を受けます。それほどコミュニケーションが尊い時代があったのだと思わされます。見るもの触れるものがすべて新しい佐藤少年の感性を、文章によって追体験してみてください。

    
コメント