ファツマ・ロバとは?

2016年のリオデジャネイロオリンピックが開かれています。日本が大多数のメダルを獲得したことも話題となりました。過去に行われていたオリンピックで珍事と呼ばれることも起きています。そのひとつが、1996年のアトランタ五輪における女子マラソンでの一幕であるといえるでしょう。


まったく無名の選手

この年、行われたオリンピックの女子マラソンでは、エチオピア代表のファツマ・ロバが優勝しました。彼女は、事前の下馬評にもまったくあがってこない無名の選手でした。そのため、情報が混乱し、名前を間違えたり、年齢を間違えたりといった、本人にとっては失礼な出来事が連発しました。

独走状態

もともとファツマ・ロバは、先頭集団の中にいいましたがレース中盤で、トップに躍り出ます。それでも、のちにペースダウンをするのではないかと言われていました。ですが、そのままほかの選手との差をつけて、ぶっちぎりで優勝を果たしてしまいます。

その後のロバは?

ロバというユーモラスな名前であったことと、中継する側が情報がなかったために、めちゃくちゃな内容を報じてしまったこととあわさって彼女の存在は一時的に日本でも話題となりました。ですが、マラソン選手としてはその後目立った活躍はなかったようです。そうなると、ロバの活躍はアトランタの奇跡ともいえるでしょう。

「日本のオリンピックのトリビア」の詳細を調べる

    
コメント