菊池雄星のノートに学ぶ

成功者というのは、必ずしも何かしらのメソッドがあるものです。それはオリジナリティがあるものもあれば、ほかの何かを援用したものもあります。確かなのは、それが成功による手助けとなったということですね。いわば、そうしたものは、成功者その人だけに有効な処方箋にすぎないといった批判もないこともありませんが、やはり成功したという絶対的な事実があるわけで、そこにおいては、どこか参照にすべき点があるのも確かでしょう。

菊池雄星に学ぶ

高校野球での活躍を経てプロ野球からメジャーリーガーと、めまぐるしく活躍している菊池雄星による『メジャーをかなえた雄星ノート』(文藝春秋)です。本書では著者が中学校時代から書き続けてきたノートを一挙に公開するものです。もちろん、選手その人の成長話としても読めるわけですから、ファンにとってはたまらないものでもあるでしょうが、もうひとつは、プロフェッショナルとしていかに彼が成長していったのかもかいま見えることがメリットであると言えるでしょう。

スランプの軌道修正

やはり本書において読みどころと言えるのが、スランプをいかに克服していったのかということではないでしょうか。さらに、ある時期からメージャーまでの残り日数を書き記すようになりました。目標をかなえるために、今何をすればいいのか、自分はどの程度実力や立ち位置を自覚すればいいのかがわかる本だと言えるでしょう。