パリダカのルートはどこ?

パリ・ダカールラリーといえば名前くらいは聞いたことがあるのではないでしょうか。有名な自動車レースで、世界一過酷なモータースポーツ競技とも言われています。砂漠の中を駆ける車の姿を目にしたことがある人も多いでしょう。このレースはどのルートを通っているのでしょうか?


ヨーロッパからアフリカへ

パリ・ダカールラリーは名前の通り、フランスのパリからアフリカのセネガルの首都であるダカールまでを走るレースでした。ヨーロッパ大陸を南下し、対岸のアルジェリアへ渡ってサハラ砂漠を横切るようにアフリカの西海岸を目指すのが当初のルートでした。年ごとにルートは変わったとしても、ゴール地点がダカールというのは基本的には変わりませんでした。

今は南米?

しかしパリ・ダカールラリーは、2009年からは舞台を南米に移して行われています。縦に長いアルゼンチンとチリが舞台となっています。舞台は変わっても、標高の高いアンデス山脈を超える過酷なレースであることには変わりありません。しかしながら、現在のパリ・ダカールラリーは、パリでもダカールでもない場所で行われているのです。日本の夏の恒例行事であるフジロックフェスティバルが、富士山とは関係のない新潟県の苗場スキー場で行われているようなものでしょうか。それでもパリ・ダカールラリーの名称を変えてしまっては「パリダカ」ではないといった思いが主催者にはあるかもしれません。

    
コメント