ラグビー世界のどこが強い?

ラグビー日本代表が、南アフリカ共和国代表に勝利したことが話題となっています。南アフリカはラグビーの強豪国の一つとして知られています。


イングランド発祥のスポーツ

ラグビーはイギリスのイングランド発祥のスポーツです。そのため、イギリスの植民地であった国などに強豪国が多くいます。南アフリカも、もともとはイギリスの植民地であり、現在もイギリス連邦に加盟しています。

現在のランキングは?

ラグビーの世界ランキングは、2015年の9月末現在で、1位はニュジーランド、2位はオーストラリアになっています。さらに3位には本家のイングランドが君臨しています。そこを追うのは、4位ウェールズと、5位アイルランドです。ウェールズはイギリスの構成国の一つであり、アイルランドは、イギリスの隣国です。国の大きさや人口などに関係なく、強い国は強いということがわかりますね。

南太平洋の島も

さらにラグビーが強い国としては、南太平洋のサモアや、フィジーといった国も強いです。小さい島国ですが、巨漢の人間が多くいるため、タックルなどがあるラグビー競技には向いているのかもしれません。これらの国ももともとはイギリスの植民地であり、イギリス連邦の加盟国となっています。ちなみに、ランキングの最下位の国は、アメリカ領サモアです。武蔵丸の出身地として知られ、アメリカ領だけありラグビーより、アメリカンフットボールの方がさかんなため、この順位なのでしょう。

「24時間で凡人がトップセールスに変わるコーチング営業とは?」の詳細を調べる

    
コメント