24時間マラソンは箱根の予習?

今年も「24時間テレビ」(日本テレビ系)が放送されます。「24時間テレビ」で恒例企画となっているのがチャリティマラソンでしょう。今年は、DAIGOが走ることになります。このマラソン中継は、実はスタッフにとっては大切な場所であると言われています。


本場は箱根駅伝

「24時間テレビ」のマラソン中継は、実は「箱根駅伝」の中継のシュミレーションが行われていると言われています。マラソンは、ずっと中継をしているわけではありません。そのため、空いた時間を使って、撮影やカットの練習が行われているとも言われています。確かに、走る人を追いかけて撮るというシチュエーションは、「24時間テレビ」も「箱根駅伝」もすごく似ています。

場所を使える

さらに、道路上を使って撮影を行っていくのですから、突発的なトラブルなどに遭遇することもあるでしょう。その際に、どのようにして解決していくかといったシュミレーションも可能となります。ただのリハーサルで公道上をそのまま貸しきって行うことはなかなかできないでしょう。そのため「24時間テレビ」は「箱根駅伝」のシュミレートの場所として絶好の機会であると言えるのです。さらに、「24時間テレビ」のマラソンはゆっくりと走っていくため、箱根駅伝に出場するアスリートのような速度では走りません。そのため、場慣れしていないスタッフにとっては良い勉強の機会ともなるのでしょう。

「マラソンレース後に疲労回復するコツ」の詳細を調べる

    
コメント