最初の駅伝は超過酷?

秋が深まるにしたがって、箱根駅伝の予選会が行われるシーズンとなりました。各学校がしのぎをけずります。お正月の名物行事が今から楽しみという人もいるのではないでしょうか?  


駅伝の歴史とは?

そもそも駅伝の歴史とはどのようなものなのでしょうか? 競技として駅伝が行われたのは、1917年に行われた「東海道駅伝徒歩競走」と言われています。1917年といえば、大正6年に当たります。
「東海道駅伝徒歩競走」という名前の通り、当時の駅伝は京都の三条大橋から、東京までを走り抜ける過酷なレースでした。東海道の起点は東京の日本橋ですが、この大会においてはゴール地点は、上野の不忍池でした。そのため、不忍池には、「駅伝発祥の地」の石碑が存在します。この石碑は、京都の三条大橋にもあります。

過酷な競争

京都から東京までの距離はおよそ500キロにおよびます。東海道は53次といわれる宿場町がありましたが、駅伝の区間は23区間です。単純計算で割ってみても、一区間およそ20キロもあるため過酷なレースであることがわかります。当時の駅伝は、京都を午後2時に出発し、2日後の午前11時に到着したといわれています。夜通し走り続けたわけですから、かなり体力勝負であることがわかります。さらに開催された時期は、4月27日です。春とはいえ、夜は冷え込むこともあったでしょう。かなり、体力などの調整が求められるレースであったかもしれません。
さらに駅伝の発案者は読売新聞の社員でした。現在の箱根駅伝も読売グループによって開催されているため、駅伝と読売というのは切っても切れない関係にあると言えるでしょう。

駅伝の歴史は、1917年にはじまった「東海道駅伝徒歩競走」がはじまりといわれています。京都から東京までのおよそ500キロを、2日間にわたって、ぶっ通しで走る過酷なものでした。

「マラソンレース後に疲労回復するコツ」の詳細を調べる

    
コメント