小学生サッカーとは何か?

サッカー競技において俗に小学生サッカーと呼ばれるものがあります。これはサッカー競技においては、好ましくないものとされています。小学生サッカーとはいったい何でしょうか?


ボールに集まる

小学生サッカーとは、とにかくボールのまわりに人が集まってしまう状態をいいます。こうした状態ですと、パス回しなどのサッカーにある醍醐味はまったくありません。とにかくボールのおもむくままに子どもが群がってしまうので、結局ボールを持ったまま一歩出し抜けてしまえば、思い切りチャンスとなり、あるいは防御側はピンチとなってしまいます。これでは戦略的なサッカーの試合というものはできません。

ポジションと配置が重要

はっきり言ってしまえば小学生サッカーは非常に低レベルなものであると言えます。小学生サッカーを克服するためには、まずポジションを決めてしっかりと配置をすることが必要でしょう。さらに、その場に応じて臨機応変に動き、パス回しなどをしていくことに気をつけるべきでしょう。さらに、遠くへキックを行いボールをなるべく正確な位置へ到達させるような練習を行うことも必要でしょう。そうした、作業を通して小学生サッカーが克服されているのだといえます。サッカーにおいては必要なものは状況判断能力と、予測を含めた動きです。ただ目の前のボールを追っているだけでは、なかなか上達しないのが実情であるといえるでしょう。

「オリンピック予選落ちでもサッカーは終わらない!」の詳細を調べる

    
コメント