ブラジルワールドカップとブブゼラ

いよいよワールドカップが開幕しました。日本戦の結果がどうなるか気になるところです。


前大会の思い出

ワールドカップといえば前回の南アフリカ大会で登場したブブゼラが思い出されます。重低音の音が会場中に響きわたっていました。普通の中継の場においても、ずっと響いているのですから、会場ではとてもうるさかったことでしょう。

その時のフジロックフェスティバルにおいては「会場にブブゼラ持ち込み禁止」の通達があったのも思い出深いです。

日本におけるイベントごとでブブゼラが思ったより流行らなかったのも、やはりうるさかったからではないでしょうか。さらに、フォルムが一体化しているので持ち運ぶ際に、かさばるというのもあるかもしれません。小学校の縦笛のように分解できるわけでもありませんし…。

ブラジル大会では?

ブブゼラは開催国の民族楽器でしたが、ブラジルもサンバカーニバルのイメージからすれば、さぞやノイジーな楽器があるかと思いきや、そうでもないようです。ブラジルの伝統楽器として「カシロラ」というものがあるようです。これは、プラスチック製のケースの中に豆が入って、振って使います。マラカスのような音が出るので、ブブゼラのようなワイルドな音は出ません。

むしろ、リズムを取って楽しく応援するようなスタイルが似合うのかもしれません。コンパクトなのでおみやげにもベストではないかと思います。

「ワールドカップなどのサッカー情報」の詳細を調べる

    
コメント