中国卓球なぜ強い?

2016年のリオデジャネイロ五輪では、日本人選手が多くのメダルを獲得しました。一方で卓球競技は中国の圧勝であったといえるでしょう。中国本国だけでなく、世界各国の代表もほとんどが中国系の人間です。中国はなぜこれほど卓球が強いのでしょうか。


国民的競技である

まず中国はもともと卓球が強かったわけではありません。かつては日本が強かった時代もあり、さらには国をあげて卓球を推奨していた東欧のハンガリーなども強国のひとつとして知られていました。中国もハンガリーに同じく国家的な規模で卓球に取り組みをはじめます。幼少期から卓球のトレーニングを積むような教室が中国各地にあり、そこから有力な選手がピックアップされてゆきます。

お金持ちになれる

なぜそうしたことが行われるのかといえば、中国において卓球の強化選手になれば、潤沢な資金が与えられることになります。自分自身がうるおうことはもちろんですが、家族を養うといったこともできるのです。そうした卓球ドリームが用意されていたため、こぞって中国人民が卓球に取り組んでいたといえるでしょう。

そのほかの理由は?

ほかにも形が決まっている卓球を崩すような試合をする、メンタルトレーニングを鍛えているなどさまざまな理由にとって中国の卓球は強くなっているのです。

「オリンピック予選落ちでもサッカーは終わらない!」の詳細を調べる

    
コメント