「得意クラブはドライバー」宣言! ボクらにもできたドライバーのライン出し!

ゴルフの醍醐味のひとつは「ドライバーの飛ばし」。快心の“今日イチショット”があれば、ライバルより少しでも先に飛べば、その日のゴルフに多少なりとも満足感が残るものです。

でも……。飛ばそうとして力が入ると、意に反してボールは曲がる! 曲がれば飛ばない。当然、スコアも悪くなる。ゴルフの難しいところです。「飛ばしたい!」欲望は、結果的に大たたきにつながる要因なのです。

「わかっちゃいるけど、ティグラウンドに立つとついドライバーを振り回したくなるんだよね……」。

そんなゴルファーにぜひ読んでほしいのが、ワッグル7月号(5月21日発売)の巻頭特集「ドライバーが曲がらなくなる!」です。アイアンショットで「ラインを出す」(ターゲットに向かって真っすぐ飛ばす)と言いますが、ドライバーでもこのライン出しができるようになり、ショットが曲がらなくなるレッスンなんです。

特集は3部構成。まずパート1は、「あの子はとにかく曲がらない!」と女子プロのあいだで評判の一ノ瀬優希プロのレッスン。事実、一ノ瀬プロのツアー3勝は、曲がらないドライバーショットが原動力になったと言っても過言ではありません。その一ノ瀬プロが言うには、「PW(ピッチングウエッジ)ばかり練習していたら、自然に曲がらないスイングができるようになりました」とのこと。「得意クラブはドライバーですが、ドライバーの練習は今でもほとんどしませんね」。ドライバーをPWと同じイメージで振ることで、インパクトでたたく動きが入らず、PWのようにボールをフェースに乗せて打てるようになるそうです。これが曲げないポイント! ミート率がよくなるので飛距離も十分に出ます。

パート2は今注目のジュニア選手、永井花奈ちゃん(17歳)と鬼塚貴理ちゃん(14歳)のスイングを大分析。最近の女子ジュニアは「ドライバーが得意」という選手が多いのですが、この2人もいとも簡単にフェアウェイにボールを運んでいきます。そこで、“おじさんもまねたい”曲がり知らずのマル秘ポイントを、キャディ兼コーチを務める小野寺誠プロと鹿又芳典さん(クラブコーディネイター)に解説してもらいました。花奈ちゃんは「左ヒザ」、貴理ちゃんは「右肩」がポイントのひとつだそうです。

貴理ちゃんにクラブのアドバイスもする鹿又さんが、アマチュアがいまのスイングのままで真っすぐ飛ばせるようになるドライバー選びとカチャカチャ(調整機能)術を指南するのがパート3。球筋の傾向とヘッドスピード別におすすめクラブとチューニング法をわかりやすく解説しているので、自分にピッタリなクラブがはっきりわかります。

曲がらないスイングとクラブを手に入れれば、ドライバーが得意クラブになること間違いなし! これでスコアも超安定しますよ!

ゴルフ情報マガジン「Waggle」
http://www.j-n.co.jp/waggle/

「ペンで楽しむ北陸新幹線」の詳細を調べる

    
コメント